『生前成仏』で『感受性革命』し『福徳創造体質』に!!

『自ずとして居場所は作られる』
2017-11-19 Sun 18:31


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『自ずとして居場所は作られる』








誰が見ていようとも、いなくとも。



与えられたことを、黙々とこなし。




誰が見ていようとも、いなくとも。



取り組む姿勢は、変わることなく。




誰が見ていようとも、いなくとも。



望む結果は、求めず期待せず。




誰が見ていようとも、いなくとも。



積み重ねて往く日々は、消えることはない。






『人生は、思った通りにはならないが、やった通りには成る』





天台宗・ハワイ別院僧侶の荒了寛先生のお言葉にもあるように。




『思った通り』



にはならなくとも、



『行ってきた通りにはなる』



のだから。





たとえ自身にしかわかりえない、積み重ねてきた『行いの記録』は。



『行ってきた結果を生み出す』



のです。






例え現在。誰にも認められていなくとも。




心配は要らない。




本当に。行ってきた結果に繋がっているのだから。





『自ずとして居場所は作られる』





自身が積み重ねてきたことに相応しいポジションが。




必ず用意されるていますから。





この往く先も。






『黙って克つ』





そして、






『自ずとして居場所は作られる』














今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.11.19 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『群れぬ』。
2017-11-18 Sat 18:30


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『群れぬ』。








何か、孤独を感じる。



他人との違和感を感じる。



他人との距離感を感じる。



それは『正しく』、そして『正常である』。





何故なら。人生はもともとが『個人プレー』であり。



そもそも『協調性』というものが必要な場面は。



思っているよりも、限られている。



『協調性が絶対』というのは。



単なる『刷り込み』であり。



学校でも社会でも。



『協調性』を求められ。



それは大切だと教えられ。



『絶対的に無くてはならないもの』と刷り込まれてきた。




でも、それは少し違う。





『人と群れる』ことで、孤独感を『麻痺』させ。



『人と群れる』ことで、孤立を防御しているつもりになり。



『人と群れる』ことで、居場所が作られたような気になっている。





個々が『皆と違う』ことは。



実に普通であり当たり前である。




個々が『皆と違う』ことは。



社会にとって有益である。




個々が『皆と違う』ことを。



互いをもっと称えるべきことである。





『自分が自分であること』





そもそも人生は。





もともとが『個人プレー』なのだから。
















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.11.18 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『頂上は降りてくる』
2017-11-17 Fri 21:10


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



本日のお題は、








『頂上は降りてくる』








霧がかった雲。



頂上まで、まだどれくらいあるのかは、わからない。



初めて登った山だから。



皆目、見当がつかない。



でも、わからないけれど私は登る。



登り切りたい理由がある。





それでも、疲れ果ててすっかり重たくなってしまった足をあげて。



上を目指しているのだけれど。



この白い霧が晴れる気配は依然として、全くない。




酸素濃度も薄くなってきた。



もう、精魂尽き果てそうだ。



自分を奮い立たせる術は。



そろそろ使い切る頃だ。



この霧はいつ晴れる?



この雲はいつ消える?



せめて頂上まで後どれくらいなのかを知りたい。



最後かもしれない気力を振り絞った時。



急に雲が切れた。



光が射してきた。





ああ、つい先程は頂上直前だったのだと。




やり切ろう、乗り越えよう、という『信念』が、天のゲートを超えた時に。





『頂上は降りてくる』





機を熟したかのように。



許されたかのように。





『頂上は降りてくる』





そして、その頂上から見える峰々の美しさと壮大さに魅せられて。




また、次の峰を目指して往ける。




何かを達成して。



その喜びがわかると。



またその次を目指せる。





やっぱり頂上直前が一番苦しいものだ。



それでも、やっぱり登り切ってほしい。





絶対に、



諦めたり。



下山したり。



引き返してはならない。




一番苦しい時は。







頂上は本当に直ぐそこなのだから。







『己に克つ』











今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛


2017.11.17 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『雨天決行』
2017-11-16 Thu 20:01


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『雨天決行』








私はこの『雨天決行』という事柄を、従順に好みます。



予定当日。たとえ『雨天』であっても。



『決行が可能』であるから『雨天決行』なのだと。



その巡って来た日が、最良の天候でなかったとしても。



差し障りなく可能な限り、『流れのままに』予定を催行する。




『そこに意義を感じる』




のです。





たとえ『雨天のスタート』でも。



『やると決めた』なら行けるのです。



ただシンプルにそれだけのことなのです。



ずっと雨が続くわけではありません。




得られる成果は、いかなる時も自分次第です。




たとえ『雨天決行』のスタートでも。




どうして行くのかは自分次第です。




『やる』『叶える』と決めたことなら、やり抜けると決まっているのです。







『雨天決行』








最後は自分次第です。











今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.11.16 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『黙って克つ』
2017-11-15 Wed 21:33


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『黙って克つ』








人生は。



『勝ち』『負け』ではありません。



『克つ』か『改める』かです。




『競う』のではなく。



『挑む』のです。




連日お話しているように。



ライバルは『他人』ではなく、『自分』ですから。



『自分の人生』に『挑む』ことで。



『くじけそうな自分』から。



『克服するのか』



『再挑戦するのか』



であり。




周囲や他人に、



『追い越されようが』



『とやかく言われようが』



それはその人の価値観が決めることであり。



それらに気を取られたり。



言われたことに囚われてしまったり。



それらを基準に考えないことです。




ご縁あって導かれた場所で。



与えられた職務を。



黙々と黙ってこなして往く。



ただそれだけで良いのです。



ただそれだけで答えは返ってくるのです。




太陽は。無条件で全人類を照らします。



神様も。同じように全人類を視てくださっています。




ただ、黙々と積み重ねて往く。



ただただ『己を克服し続ける』。




その往く先には。





『違わぬ結果』が必ず在るのです。






先ずは、結果を求めずして。




いかなる自分にも。





『黙って克つ』





その往く先は決して『違わぬ』。















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.11.15 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
| ≪藤色聚楽≫ 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT