fc2ブログ

『生前成仏』で『感受性革命』!

『放牧』は信頼。
2020-01-07 Tue 22:31


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『放牧』は信頼。









『放し飼い』



という環境に育つ動物たちが。





悠々と健やかに在ることで。



おわかりだと思いますが。





鎖で繋がれるままに。



狭い箱に囲われるままに。



『監視』をされているままに。



意思を通せず言われるままに。



『自分自身』『自由』を奪われている環境に。



置かれるままの生き方は。



廃人も同然です。






昨日。



『寄り添うタイミング』



でも触れましたように。






いかにして。



『自発性』に目覚めるか。



です。






『放牧』すること。



『解き放つ』こと。



『自由』にすること。



を。



恐れないでください。






『自由』に『解き放つ』ことで。



『歯止めが利かなくなる』



ことはありません。






どの辺りが。



『社会的秩序の境界線』



であるかを。



學んで行くからです。






家庭外学習に於いて。



親の役目等は。



『ほんの一部』



です。






『社会的な學び』は。



本人に代わって。



してやれるはずがありません。






親世代とは。



時代が違うどころか。



いくら親子であっても。



血を分けた者であっても。



『魂そのもの』が『別者』だからです。






元々は。



『解き放たれた魂同士』



が。



今世。



『親』と『子』の配役として。



キャスティングされただけのことです。






『放牧』は信頼。






です。






思い返してみてください。






私たちも。



親たちにガミガミ言われたり。



干渉されなかった方が。



『自分自身』が上手くいっていたことを。






『放牧』は信頼。









なのです。

























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また後で(^^)w゛



2020.1.7 藤色聚楽

別窓 | 親子関係 | コメント:0
『綺麗事ではない』
2019-10-30 Wed 21:31


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『綺麗事ではない』










~昨夜の続きです~






2019.10.16『親は偉くない』


2019.10.17『愛情』の『表現』


2019.10.18 その『基本』を教え込まれる日々。


2019.10.20『追い詰めないこと』


2019.10.21『取り残されている』


2019.10.25 ひとつの『ご神事』


2019.10.27『自分以外』の『誰か』のために。



等。



これらにお書きしましたように。






とかく。



『母親』には。



『厳しい眼』が向けられているものです。






『如何なる時も。それは許されない。』



と言わんばかりに。






『育児』『子育て』についての。



『母親』にかかっている。



『責任』の大きさは。



他に。



比べるもの。



並ぶもの。



は無いと思います。






それらとは真逆に。






『責任』の取れない立場にも関わらず。



『無責任』に意見してきたり。






思いもよらない人が。



批判してきたり。






その様な場面に。



出会すことがあるかもしれませんが。






如何なる時も。



そこには。



『負けてほしくない』です。






また。



この『苦悩』『苦辛』を。



少しでもわかってもらいたい。



と。



思うことは『普通』であり。



実に『正常』なことですが。






育児だけにかかわらず。



あらゆる種の苦悩は。



周囲や対象となる相手に。



わからせようにも。



理解してもらえることはないのです。






『母は強し』



という言葉は。






『自分に負けないこと』






の意味であると。



私は理解しています。






『出産』『育児』は。






『綺麗事ではない』






処に。



揺るぎない『真実』があります。






『幸せ』『安寧』



を。



感じられる瞬間ばかりではないことも。



『本当』であるし『現実』です。






如何なる時も。






『自分』に負けないでください。






『周囲の雑音』に心を崩さないでください。






そうして。






『自分』を乗り越えてください。









『母』は強し。



























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019..10 30 藤色聚楽

別窓 | 親子関係 | コメント:0
『スター』にならないこと。
2019-10-29 Tue 23:08


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『スター』にならないこと。









~昨夜の続きです~






もしも。



お子様との関係が。



ギクシャクしていたり。



距離感がつかめない時。






それは。



『親』たちが。



『家庭』の中で。






『一番』であろうとしていないか。



『中心』でいようとし過ぎてないか。



子供たちに『機嫌』を取らせる状況を作っていないか。





等。






親御様が。



ご家庭内で。



『スター』



になり過ぎていないか。



を。



注意してみてください。






お子様に。



夫婦喧嘩の肩を持ってもらおうとしたり。






お子様を。



『引き立て役』に使っていたり。






『お子様』という存在を。



親たちの勝手の良い『所有物』にしていないか。



留意してみてください。






お子様が。



有名学校に通学している。



名が知れる様な事を成した。



等。






お子様の『功績』を。



羽織のように纏うことも。






お子様をを。



自分を『引き立てる役』として。



使い回していることと同じです。






『スター』にならないこと。






『子供』は大人たちに。






『都合良く使われている』






ことに敏感な生き物なのです。


























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.10.29 藤色聚楽

別窓 | 親子関係 | コメント:0
『百害あって一利無し』
2019-10-28 Mon 21:20


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『百害あって一利無し』









~昨夜の続きです~






『夫婦喧嘩』は。



ご夫婦『二人きり』でしていただくのは。



おおいに構いませんが。






お子様の前での。



激しい喧嘩は、






『百害あって一利無し』






です。






大人というものは。



年齢を重ねているだけで。



人として。



『極め』



『到達する』



には。






それなりの。



『年数』。



この『現世の回数』が。



必要です。






子供たちから視れば。



夫婦の喧嘩は。



普段。



『してはいけないよ』



『言ってはいけないよ』



と教えていることを。



全部やって見せているようなものです。






また。



『赤ちゃん』の泣き声などとは。



『質』も『波動』も筋違いで。






『暴力』に満ちた。



『大きな声』で。



罵り合っている『父と母』は。



恐怖そのものです。






やがて。



子供たちは。



『恐怖』を感じることは過ぎて。



『軽蔑』や『卑下』の感情が出てきた時。



『危険な分岐点』



に。



差し掛かることもあります。






無論。



お腹に宿している時も。



注意していてほしいです。






母体が。



怒りや不安の感情に在る時。



胎児には。



上手く酸素が届いていません。






同じ様に。



お腹の我が子も苦しいのです。






そして。



お腹の我が子にも。



夫婦の会話も筒抜けです。






『会話』は。



その『空気』が伝わります。



ですから。



『KY』になってはいけません。






夫婦の問題は。



本当にその『夫婦』にしか。



わかり得ないことですが。






出来るだけ。



子供たちの前では。



上映せず。






感情をぶつけすぎないように。






『賢く喧嘩』






出来たなら。









いいですね。


























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.10.28 藤色聚楽

別窓 | 親子関係 | コメント:0
『自分以外』の『誰か』の為に。
2019-10-27 Sun 18:30


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『自分以外』の『誰か』の為に。









~昨夜の続きです~






何故に。



『夫』側と。



『妻』側と。



『出産』『育児』において。



『温度差』が出てしまうのか。






おそらく。



その理由のひとつに。






『自分以外』の『誰か』



の為に。



『身体』を張って。



『命』を掛けた。



ことが。



あったのかどうか。



が。



あげられると思います。






『身体』を張って。



『命』を懸ける。



ということは。






例えばご自身が。



『命』のかかわる『病気』を患う。



ということでは。



ちょっと届きません。






『自分以外』の『誰か』の。



『命』



を護る為に。






自身の『身を削って』。




自身を『犠牲にして』。




『誰か』の『命』を『護る』経験を。






したことがあるのかどうかです。






大昔。



昭和の時代までは。



『戦争』



にて。



男性は。



『生命を掛ける場面』



『生』と『死』について。



『生きる』とはどういうことなのかを。



『身を以て』



思い知る機会がありました。






『戦争』と『出産』



では。



比べられる対象ではないかも知れませんが。






女性は。



毎月の『月経』に於いても。



普段から。



潜在的に『出産』のために。



『可能な身体』を『維持』させることを。



どこかに意識しています。






すなわち。






日常的に。






『自分だけの身体ではない』






ことと。









『二人三脚』であるのです。

























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.10.27 藤色聚楽

別窓 | 親子関係 | コメント:0
| 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT