fc2ブログ

『生前成仏』で『感受性革命』!

『寄り添うタイミング』
2020-01-06 Mon 21:32


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『寄り添うタイミング』









『寄り添う』



ということを。






『過保護』に扱うこと。






或いは。



側で。



『世話を焼く』こと。



『手を掛ける』こと。



等。



至れり尽くせりすることと。



混同することがあるようですが。






『寄り添う』ことのタイミングは。



本人が。



『自発的』な意思のもとに。






周囲が。



自ら歩む姿に。



付き添うことであり。






『過保護』にすることは。



本人が。



『立ち上がろう』ともしていないうちから。






一方的に腰に縄を括って。



しかも痛くないようにあれやこれやと。



戸惑いながら。



周囲が好きに手を焼いている状態を言います。






要するに。



『寄り添う』ことは。



本人が。



付き添って下さっている周囲に。



『自ずと感謝』



しています。







反対に。



『過保護』となっていることは。



当の本人は。



世話を焼いてくる周囲に。



『嬉しい』『感謝』などの念は。



乏しいのです。






更に斜め上を行くと。



『過保護』にされることにより。



世話を焼く周囲に。



理不尽な要求をし始めます。






結果的に。



『過保護』にすることは。



本人を。



『退化させる』ことであり。






『寄り添う』ことは。



本人を。



『前進させる』ことなのです。






『寄り添う』ことと。



『過保護』にすることは。



根本から違うのです。






ですから。






本当に本人のことを思うのなら。






『寄り添うタイミング』






を。








間違えてはいけません。


























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また後で(^^)w゛


2020.1.6 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
結局それも『愛』。
2020-01-05 Sun 18:00


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









結局それも『愛』。









あらゆる人間関係に於いて。






間を置くこと。




距離を置くこと。




離別すること。




等。






傍らに居ることからの離脱は。



必ずしも。



残念な意味ばかりではありません。






感情の表現は。



人それぞれであり。



ケースバイケースですが。






それまでの『距離感』を変えることは。



危機、悪化を回避するための。



展開のひとつです。






適切な『関係性』を。



『保持』または『見直し』するとして。






『距離感』を計ること。



それも。



『愛』なのです。






いつ何時も傍に居ることばかりが。



『愛』ではないのです。






行き詰まり。



行き止まり。



は。



『澱み』を生み出します。






河川の流れ。



風通し。



これらが滞れば。



生き物は酸素を失う原理と同じくして。






『間』を置くこと。



も。






『距離』を置くこと。



も。






『離別』すること。



も。






結局それも『愛』。






です。






それ以上。



相手のことを。






嫌いたくない。



憎みたくない。



傷つけ合いたくない。






どの様な人間関係に於いても。






結局それも『愛』。









なのです。






















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.5 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『追及しすぎないこと』
2019-12-17 Tue 20:08


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『追及しすぎないこと』









それを知ったところで。



何が解決に向かうというのか。






それを知ったところで。



本当に相手の為になるのだろうか。






それを知ったところで。



誰が救われるのだろうか。






それを知ったところで。



誰かを幸せにできるだろうか。






それを知ったところで。



自身が何とか出来ることなのだろうか。






それを知ったところで。



自身の正義感が。



何をどうしてくれようと言うのか。






それを暴いたところで。



新たに傷つくことになる誰かを。



どのようにして慰めると言うのか。






それを暴いたところで。



当人に在る『心の闇』を。



諫めて諭して善きに導けるよう。



『心の扉』を開くことが。



どうして出来ようか。






少し落ち着いて。



考えてみてほしい。






突き抜けた『正義感』が。



『優越感』をも超える時。






決して解決に至るとは言えない。









『追及しすぎないこと』。
























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.12.17 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『心の扉』
2019-12-10 Tue 22:16


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『心の扉』










『わかり合うこと』



は。



『話し合う』こと。






『わかり合うこと』。



は。



『理解を示す』こと。






『わかり合うこと』



は。



『譲歩し合う』こと。






『わかり合うこと』



は。



『許し合う』こと。






『わかり合うこと』



は。



『認め合う』こと。






『わかり合うこと』



は。



『互いを尊重し合う』こと。






『わかり合うこと』



は。



『腹を割る』こと。






『わかり合うこと』



は。



『和解する』こと。






『わかり合うこと』



つまりは。






互いの『心の扉』を開くこと。






本当は。



『わかり合うこと』は。



決して難しくない。






だから。



過ぎる時間が勿体無い。






『今世限り』の『この時』に。






間に合わせよう。









『心の扉』を開くこと。



























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.12.10 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『乗り越えるチカラ』
2019-12-08 Sun 18:22


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『乗り越えるチカラ』









もしも。



誰かが。



自分のことを。



勝手にライバル視していても。



負けたくないと競われていても。






それに。



惑わされることなく。



気に取られることなく。






己は黙ってそれをスルーしろ。






たとえ。



周囲の皆が。



自分を追い抜いて行くのだとしても。






それらに。



惑わされることなく。



焦ることなく。






己は黙って『亀』のペースを守り続けよ。






誰よりも早く。




何事も一番乗りで。




誰よりも勝ち数が多いこと。






等と。



これらのことに囚われているなら。



基礎工事が未熟になります。






追い抜かれても。



行く手を阻まれても。






踏み締めて。



重ね行くことが。



『崩れにくい自分づくり』



となるから。






自分が。



『亀』であることを。



馬鹿にされても。



笑われても。



気に留める必要は一切ありません。






同時に。






『乗り越えるチカラ』






をも培っているつもりで。






気後れすることなく。









己は『亀』であり続けよ。
































今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.12.8 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
| 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT