『生前成仏』で『感受性革命』し『福徳創造体質』に!!

『神様との向き合い方』
2017-09-30 Sat 22:16


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『神様との向き合い方』







神様とのお付き合いで。



大切なことは。



『都合よく頼らない』



ことだと思います。



神様も。



人と人とのお付き合いと同じです。



選り好みしたり、利用価値を探ったり。



人付き合いの中でも気持ちの良くないことは。



神様にも同じことであり。



又。『この神様が絶対的に1番だ』ということもないはずです。



もしも。人の着ぐるみを被った、人間とする誰かが。



『うちの神様が絶対であるから、この神様以外は信じてはならない』等と説いているならば。



それは、何かの不都合のもとに。



一部の人間が都合良く生き延びるための欲望だと思われます。




また、太陽光線がいかなる時も一直線であるように。



天から降り注ぐ太陽の光は。



地球上の全人類に直接、当たるようになっています。



そうです。『太陽 と 人間一人ひとり』であり。



神様も太陽光線と同じで。



『神様 と 人間一人ひとり。』なのです。




ですから。神様の前でだけ、特別良い人でいるとか。



取り繕うようなことは、言うまでもなく全く無効なことです。



ただただ、真っすぐに、まっさらな心で向き合う。



人間界においても。



『心地良い人』であることが気持ち良く感じるように。




神様にとっても。



『心地良い者』であること。



ただシンプルに。




それだけのことなのです。







今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.30 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『夏が帰ろうとしている』
2017-09-29 Fri 21:31


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『夏が帰ろうとしている』







『夏』は。



ある日。突然いなくなる。



少しずつ。帰ろうとしている気配を見せながらも。



まるで忘れ物を取りに戻ってきたように。



9月の下旬に入っても。



たまにそうして昼間に現れた。



『まだ帰ったわけではない』



と主張しながらも。



陽が落ちる頃には。



夏はドアを閉めて帰るようになる。




真っ盛りのピークには。



暑さは身体にまとわり着いて離れない。



あれだけ毎日うんざりしていたはずなのに。



居なくなると、ちょっと淋しい。



やっと涼しくなってホッとしているのだが、やはり淋しい。




実は多分。



人は『暑苦しいもの』または、『熱いもの』が嫌いではない。




たまにテレビに出ている。



元テニスプレイヤーや。



喚き散らして暴れるお笑い芸人だとか。



暑苦しいけれど、嫌いではない。



ちょっと煩いけれど、嫌いではない。




または『祭り』や『ダンス』など。



『熱いイベント』は好まれる。





これは。




『存在感を示したもの勝ち』




なのかもしれない。



同じく夏も。



おそらく。




『存在感を示したもの勝ち』




現象であるかと。




嫌がられる程の暑さで毎年。『存在感』を焼き付けて行く。




今年もお疲れ様でした。夏。



どうか来年こそは。





もう少々。お手柔らかに......。







今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.29 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
『自身という土地の価値』
2017-09-28 Thu 21:54


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『自身という土地の価値』







人は困難にぶち当たった時。



振り出しに戻されてしまった時。



余儀なくリセットが必要となった時。




今までのことは何だったのか?



今まで積み上げてきたことが全部、無かったことになってしまう。



今までのことは全部が、無駄になってしまう。




誰にも、そういう思いに駆られたことが、一度はあられたのではないかと思います。




でも。それでも。そうなってしまっても。




今まで積み上げてきたものは、無くなってしまったりはしていません。



今、目の前に今まで積み上げてきた事柄を、並べて見せることはできませんが。



今までの、今この瞬間までの『キャリア』は。



自身の『基礎部分』にしっかりと残っているのです。



昨日お話いたしました、自身を家屋などの物件に例えるならば。



地中の『基礎部分』に。



今までの『キャリア』は。



埋蔵されながらも『生きている』のです。




もしも。リセットが必要となった場合。



地上の家屋、またはビルディングは。



新しく建て直すために『更地に戻した』のだけのことです。




『自身という土地』は。



『建て直しには制限がありません』



何度。建て直しても『有効』です。



自身という人生を、自身が歩んでいるのですから。



自身という土地を、誰にも譲渡することはできません。



所有は『永久に自身』ですから。



建て直しは『無制限』を保証されています。





もう一度、言います。




自身の今日までのキャリアは。



自身の土地の『基礎部分』に。



すべて埋蔵されたまま生きています。



そして。



自身の土地は。



所有は『永久に自身』。



誰にも譲渡はされないし、できない。



自身の土地には、何をどんな風に建てても良い。



何回、建て直しても構わない。



建て直し回数は『無制限』を保証されています。







今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.28 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『自身という物件の基礎部分』
2017-09-27 Wed 21:56


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『自身という物件の基礎部分』







今。ここにある自身の姿。



今。各々の目に映る自身の姿。



今。一番新しい自身がここにあります。




今はここに映し出されることのない。



今よりも瞬き前の過去の自分は。



自身を物件として例えるとしたら。



全て『基礎部分』となります。




昨日までの。先ほど前の。



見えない自身がどう生きてきたのかの『基礎部分』を。




今日現在でも構築中の。



今、一番に新しい感性で。




互いに、共有、共感、共鳴できて。



そこで本当に、自身を見せることができたことになる。



そこで本当に『生き方』を愛し愛されたことになる。



それでいて、本当の自身を愛し愛されたことになる。





私はそう考えている。







今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.27 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『子の心。親知らず。』
2017-09-26 Tue 20:30


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『子の心。親知らず。』







実際に子の親となってみて。



正直。親は偉い、等とは思えたことはありません。



確かに、出産時までの期間。




あまり平坦とは言えない妊婦の一人でしたし。



当日私は麻酔の中にあり、産声を聞くことはできなかったので。



ある意味、身体を張って、命を懸けたかな、というものではありました。



ただ。この瞬間のみ。



親は偉大なのかもしれないな、とは思いました。




誰しもが初めは『親・1年生』であり。



この着ぐるみを借り。



この魂の。



この人生が初めてであり。




子は、この1年生である親に。



時に戸惑いながらも。



理解しようと。



着いて行こうと。



『子なりの視点』での葛藤があったと思います。




よく。



『親の心。子知らず。』



と言われますが。




私は、



『子の心。親知らず。』



を念頭に置きながら、過ごしてまいりました。



なぜなら。それを私が学んできたことでしたので。



その学びを活かせたら良い、と思っていました。




この『親・1年生』である私に。



着いてきてくださっていることを。



今日も感謝しています。



本当に、ありがとう。



『親育て』をしていただき。



本当に、ありがとう。




まだまだ今だ未熟ながらも。




『子の心。親知らず。』を。




私は『カウンター越しの距離感』で見守っているから。




たまには、カウンターに入っておいで。



一緒に珈琲を淹れたりしよう。





これからも宜しく。









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.26 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
『ボーダーライン』を超える時。
2017-09-25 Mon 22:46


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『ボーダーライン』を超える時。







地面を押し切って、植物が芽を出すように。



地表を突き破って、マグマが噴き出すように。



物事や感情は。



『ボーダーライン』を超えた時に。



初めて『自我』を現します。




自身の中で、機が熟した時。



各々の間で、結論が固まりつつある時。



何かが動き出す時。



時期が来た時。




それが『ボーダーライン』を超える時なのです。




地面から出てきた『芽』が。



どの様な伸び方をして行くのか。




地表から吹き出したマグマが。



どの様な流れを辿るのかは。




実際に、伸びてみなければ、流れてみなければ、わからないのです。




それらと同様に。



世界情勢に観ても。



『ボーダーライン』ギリギリの所まで来ました。




これも定められたとする『通り道』であるのだとしたら。



極力。大難は、小難であってほしい。





今夜もここに世界平和を願っています。







今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.25 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『人生の旨味』
2017-09-24 Sun 22:30


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『人生の旨味』







お料理の『旨味』とは。



食材が高級であること、とか。



特級品の調味料を使う、とか。



ブランドの調理器具を使用する、だとか。



おそらく、そういうことではない。




やはり、調理する『人材』の腕次第、であると。




ではどんな『人材』が、優秀な調理人となれるのか。




それは『人生が経験豊富』であることに尽きる、と。




魅力に溢れる人達は。



『ダシ』が効いている。




代わりが利かない程に。



絶妙な『火加減』を知っている。




『豊富な経験値』の中で。



『隠し味』を手に入れて。



『魅力に溢れる人達』は。






今日も私を魅了する。









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.14 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『自分で自分を育てる』
2017-09-23 Sat 22:02


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『自分で自分を育てる』







誰しもが多かれ少なかれ。



『幼児性』というものを持っているのではないかと思います。



それは各々に出る場面には違いがあり。



または、関わる相手により『引き出される』場合もあります。



元々。自分自身の根本的な性格は、生まれ持ったものであり。



それをベースに、育った環境で『調理』されて。



関わってきた人間達の『調味料』にスパイスされて。



仕上がった『料理』である現在の自分を。



『完成品』とするのかどうかの、猶予期間を過ごしているようなものです。




その中で。


ダシが効いてない感じ。


足りていない材料。



等が『幼児性』に当てはまると思います。




各々の中にある『幼児性』は。



出来れば克服した方が良いと思います。



『え?このお料理にその材料が無いなんて』



という、嘆きを耳にしてしまったり、肌で感じてしまうなら尚更。



克服した方が良いと思います。



人生も。折り返し地点が近くなってきた時期に差し掛かって。



まだ、並外れたような『幼児性』があるとしたら。



特に次世代の方々や後輩などから見たら。



やはり滑稽だと思います。




ご自分の『幼児性』については。



自身が意識し、認識し。



成長できている『もう一人の自分』により。



『自分で自分を育てる』ことが大切だと思います。




これは必ず出来ると思います。



昨日にもお話しました、



『ヌードのススメ』の内容は。



取り組みやすい方法だと思います。



これは何歳になっても遅くない作業項目です。





『自分で自分を育てる』





恐がらず、恥ずかしがらず。



今、始めてみてください。



必ず克服できると思います。








今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017..9 23 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『ヌードのススメ』
2017-09-22 Fri 22:40


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『ヌードのススメ』







ご自分で思っているよりも。



『自分の腹の内』にある考えや感情は。



そんなに悪くはありません。



どんな感情も、考えも。



『腹の内』にある時は。



まだ何も羽織っていない、そのままの素肌であるから。



だから恥ずかしく、あまりに出来損ないで、見せたくないのです。




人間の感情や言動は。



人に伝える状況に来た時には。



既に、何かを着飾り、様になる演出が成されている状態にあるので。



『自分の腹の内』の『心の声』を。



勇気を持って曝らして、自分で確認をし。



神様の太陽光線に当てるつもりで。



『開運の光合成』に委ねてみるのです。



つまり。太陽光線を浴びることで、体内ではビタミンDが形成される原理のように。



自分の心を脱ぎ曝して。



人間誰しもが持っている『幼児性』を。



見つけ出して克服する作業でもあるわけです。




この『自分の腹の内』の『心の声』に耳を傾けて。



心を脱ぎ曝して浴びる『開運の光合成』には。




『幼児性の克服』



もテーマのひとつなのです。



生まれたての姿に観る『心の声』。



自分の心を脱ぐ作業。





『ヌードのススメ』





是非ともオススメいたします。







今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.22 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『開運の光合成』
2017-09-21 Thu 22:28


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、







『開運の光合成』







太陽光線が、いかなる時も一直線であるように。



天から降り注ぐ太陽の光は。



必ず。地球上の全人類に直接、当たるようになっています。



そうです。『太陽 と 人間一人ひとり』であり。



神様も太陽光線と同じで。



『神様 と 人間一人ひとり。』なのです。




自分の『心の声』に耳を傾けていますか?



その『心の声』が、自分にとって。



小っ恥ずかしかったり、照れてしまうものであったり。



たとえ、見なかったことにしたいくらい汚れたものでも構わないので。



『自分の腹の内』というものを。



しっかりと自分に見せることです。




『自分の腹の内』を観る、という『心の声』を知ることで。



それらを太陽光線に当てるつもりで。



明らかに、オープンにした時に。



自分自身が進歩します。




『自分の腹の内』がたとえ自分の納得行くものでなくても。



太陽光線に当てて。



神様にお見せすることで。





『開運の光合成』




が始まるのです。




すなわち。



『自分に正直に生きていくこと』が。




『自分の開運扉』を開いて行くことになるのです。




昨日もお話しましたように。



真っすぐであれば、誤差は生じない。




『心の声』に耳を傾けて。



神様の太陽光線を一直線に浴びて。




『開運の光合成』




オススメいたします。







今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.9.21 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
| ≪藤色聚楽≫ 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT