FC2ブログ

『生前成仏』で『感受性革命』し『福徳創造体質』に!!

『存在』
2017-10-31 Tue 23:16


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『存在』








『特別な』ことをしてくれなくても。



気心知れた相方が。



ただ、そこに居てくれるだけでいい。





『特別な』ことをしてくれなくても。



世の中を支えてくださる各界の皆々様が。



ただ、そこで業務を遂行してくださるだけでいい。





『特別な』ことをしてくれなくても。



私達を照らし育んでくださる太陽様が。



ただ、空に輝いてくださっているだけで いい。





『特別な』ことをしてくれなくても。



私達を住まわせてくださっている地球様が。



ただ、ここに在るだけで良い。





『特別な』ことをしてくれなくても。



私達を見守ってくださる神々の皆々様が。



ただ、視ていてくださるだけでいい。






ただ、それだけでいい。





ただ、その『存在』が。





『特別な』ことをしてくれなくても。





ただ、それだけでいい。





ただ、それだけで価値があるのだから。









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.31 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:2
『たおやか』な雫。
2017-10-30 Mon 22:58


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『たおやか』な雫。








『感受性』という地層から。



その方の『人生経験』という雨水が。



ブレンドされて。



ろ過されて。



こぼれ落ちてきた『雫』が。



『人を救うことになるお言葉』となるのだと。




その得難く、価値の高いお言葉を。



人生の中には、恐れ多くも不意に授かる瞬間がある。




こぼれ落ちてきたそのお言葉は。




『たおやか』で純然たるもので。




心の渓谷をしなやかに潤す。




心の傷みの隅々に優しく染み渡る。





『たおやか』な、お言葉を授かった瞬間を。





今も静かに想い出す。




そして、傷は永遠に救われる。






『感受性』という地層から。



『人生経験』という雨水が。



ブレンドされて。



ろ過されて。



こぼれ落ちた『雫』は。





『人を救うことになるお言葉』となるのだと。









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.30 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『想い出の居場所』
2017-10-29 Sun 21:54


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『想い出の居場所』








新しい明日に自分を塗り替える時。



今日までの私を称えよう。




今日という日の出逢いの中で。



次への扉の鍵を手に出来た時。




『想い出』は住み慣れた所を引き払う様に。



そっと旅支度を始める。




私が私を卒業する時は。



私が私を迎え入れる時。




『想い出』は居場所を変えて。



今の私自身を見届ける。





街を洗い流している雨音が。



今日までの日々を押し流すように。






雨上がりの匂い。






始まりの予感。











今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.29 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『言葉で』もてなす。
2017-10-28 Sat 22:33


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『言葉で』もてなす。








『慈しみ』の心を抱いて。



『慈悲』に目覚めた時。



『言葉の大切さ』というものを、あらためて認識する。




相手をやる気にさせるのも。



相手を勇気付けるのも。



相手が自信を手に入れるのも。




そして、これらの『逆』も。




『言葉のチカラ』は優しくて大きい。





だからこそ。



日常ライフの中でも。





『言葉で』もてなす感覚で。





セレクトした『言葉という器』に。




『気持ち』を載せて、相手に差し上げるイメージで。





『言葉で』もてなす習慣は。




相手の解釈も変わり。



相手の判断も変わり。



相手の行動も変わる。




そして、廻り廻って。



自身の性格も。



自身の日常も。



自身の人生も変わって行く。





『言葉で』もてなす。




それは。





『互いの人生』を、もてなす。









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.28 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『未来を予約する』
2017-10-27 Fri 20:50


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『未来を予約する』








夢を観て。



夢を抱いて。



目標を持つことは。



思い描くスケールも、思い付く種類も数も、自由であり、制限はありません。



それが、たとえ身の丈に合っていないと思えても。



達成できそうにないと思うことでも。




『自分の人生』には遠慮は要らない。



たとえ、貴方様のご年齢がおいくつであられても。



命ある限り、夢を計画するに定年はないのです。




人間が持っている『創造力』というものは。



予め描いていた想定を、遥かに超えることがあります。



ですから、多少無謀に思えても。




思い切って『未来を予約』してみる。





先ずは、身近な明日の予定から......。



兼ねてから憧れである方との、デートの予定があるとします。



互いに何かを掴むことができ、次に繋がる一日になった、と。



『未来を予約する』





またはわりと近い時期として。



もうすぐ、お子様の受験シーズンです。



一人も漏れることなく。皆が希望校へ見事に合格を果たした、と。



『未来を予約する』




いつかの出来るだけ近い将来に。



この地球上の全人類が。



叡智に溢れる境地に達し。



正義感の対比を回避して。



いよいよ『世界平和』に達することができ、確立する日が来たのだと。






今日も私は『未来を予約する』







『未来を予約する』









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.27 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『代役は利かない』
2017-10-26 Thu 18:45


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『代役は利かない』








ほんの一瞬。一秒でも。



たったの一日でも。



代役が利かない『自分自身という人生』は。



誰にも代わられない。乗っ取られることはありません。




たとえ、今まで結果を出せないままで来たとして。



周囲のギャラリーから誹謗中傷をされてきたとしても。



ギャラリーの方々は『私自身のこの人生』を、一瞬足りともやったことがありませんから。



偏った見方や的外れなご意見は。



そもそも、当たるはずがないのです。




大切なことは。



自分自身が、自身のチカラで。



『自身の人生の矢』を当てに行くことです。



誰にも乗っ取られることのない。



代役の利かない自分自身の人生の『矢』を。



自ら『ど真ん中』に当てに行くのです。




弓道に例えてみまして。



『的』を『自分自身の未来』とします。



『矢』をど真ん中に射るには。



周囲の雑音をも遮るような集中力を必要とします。




そうです。



『矢』をど真ん中に当てに行くには。



ギャラリーの雑音は遮ることです。



代役の利かない『自分自身の人生』。




的のど真ん中に。





『自身の未来を予約する』




必ず。自身のチカラで。




『達成する未来を予約する』




代役の利かない自分自身の人生。




『成功した未来を予約する』




自分自身の人生には遠慮は要らない。






『代役は利かない』






だから今日も、自身で『矢』を当てに行く。











今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.26 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『生い立ちを脱ぎ捨てる時』
2017-10-25 Wed 22:54


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『生い立ちを脱ぎ捨てる時』








人は。



この肉体を授かった源に。



自身のルーツを辿るようですが。



個々が。



自身の人生を歩むにつれ。



肉体の『DNA』よりも。



『魂』(精神性)のつながりを求めて行くのは何故でしょうか?





もしも。



自身の家系に悩まれている方がいらしたら。



それは本当にもったいないことです。



『DNA』、『血縁関係』に囚われたりすることは。




私は『開運力』を感じません。




つまりは『生い立ちに』囚われているということは。



自身の『可能性』を抑圧していることと同じです。




今。自身が持つ肉体に命をつないでくださったのは。



確かにご先祖様でありますが。




生き方、考え方、の継承までは、必要がないことです。




今。



この身体。


この命。


この人生。



を以て。



何を想い。


何を大切にし。


何を描いて行く。



のかは。



個々の自由であり。


個々に許された権利です。




何にも囚われないで。



何にも振り回されないで。





貴方様が。貴方様自身で。





『生い立ちを脱ぎ捨てる時』





貴方様が。貴方様自身で。





『開花する未来を予約する時』









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.25 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『誰が何を言おうとも』
2017-10-24 Tue 22:45


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『誰が何を言おうとも』








誰が何を言おうとも。



まだ誰にも知られていない、貴女様の素晴らしい歌声を。



この耳で聴いて。



きっと必ず成功できると。



私は素直に信じている。





まだ誰にも知られていない、貴女様の類い稀な芸術的、美的センスを。



この心で感じて。



必ず自他共に幸せへと導ける感性であると。



私は揺るぎなく信じている。





誰が何を言おうとも。



まだ誰にも理解されていない、貴女様が心に病むことの全てを。



この眼で観て。



近い将来、必ず報われる時がやってくると。



私は心から信じている。





誰が何を言おうとも。



まだ誰にも気がつかれていない、貴女様による純粋無垢な行いの全てを。



この眼で観て。



いつか必ず成就できると。



私は無条件で信じている。






誰が何を言おうとも。





誰が何を言おうとも。









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.24 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『誰が見ていようとも、いなくとも』
2017-10-23 Mon 18:16


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『誰が見ていようとも、いなくとも』








誰が見ていようとも、いなくとも。



明日の命には期待することなく。



今日も『一日一生』として生き切り、本日の命を使い切ってゆくことを。



私は止めない。





誰が見ていようとも、いなくとも。



この命を繋いでくださった『ご先祖代々の皆々様』に。



たとえお逢いしたことがなくても無条件で愛し、お墓のお守り、感謝の報恩と祈りの毎日を。



私は止めない。





誰が見ていようとも、いなくとも。



今日現在まで『365日休みなし』の『エンドレス』でこの世を見守ってくださっている。



『神々の皆々様』への感謝の奉勅と御礼、祈りの毎日を。



私は止めない。





誰が見ていようとも、いなくとも。



惜しみなく人を愛し、尊敬し、敬愛し、信じ合うことが。



全世界、この世の安寧、『世界平和に繋がる』と信じて。



私は止めない。






誰が見ていようとも、いなくとも。



いつか『誰かの心』に届くであろうと信じて。



こうして伝え続けて行くことの活動の統てを。



私は止めない。







誰が見ていようとも、いなくとも。










今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.23 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『慈悲の扉が開く時』
2017-10-22 Sun 18:37


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、








『慈悲の扉が開く時』








世の中には、どうにもできないことがある。



と、世の無情なる部分を許容できた時。



人は『慈悲という味蕾』を確立し。



閉ざされていた扉が開き、道は啓く。




自身の『人生の味覚』に。



『慈悲という味蕾』がもたらされると。



視野に映り込む景色は変わってゆく。




すなわち。



この世の問題とされることや。



個々が悩みとする苦悩は。



『事実は小説よりも奇なり』



であり。



答えを導き出すことは。



容易なことではないことを、あらためて認識する。





『その人にしかわかり得ない苦悩』



『どうにすることもできなかった事情』



等の本人だけの問題に収まることではない、この世の常に対し。



『慈悲の心』を以て。



悩み苦しむ相手の気持ちに。



慎み深くも、踏み込むことなく。



ただ目線を同じくして。



ただ寄り添うだけで良い。



相手の『苦悩の存在』を尊重することで。



心を落ち着かせることができ。



自動的にやって来る明日に向かって。





『自他共に』歩まんとするチカラを分け合えるのだと。









今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.10.22 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
| ≪藤色聚楽≫ 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT