『生前成仏』で『感受性革命』し『福徳創造体質』に!!

『夢の続き』
2017-12-31 Sun 20:00


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『夢の続き』









本年は。このブログを通じて。



皆様とお会いできたことを、とても嬉しく思っています。



この私の歯に衣着せぬ物言いに。



お付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。




いつしか背後に道が出来ていたように。



この往き先にも、道が続きます。



『吉』の流れは『吉』のままに。



『負』の流れは今日で終わり。





どうか2018年も、宜しくお付き合いください。





明日からもこの現世(かくりよ)で、皆様と。





この『夢の続き』を。





夢うつつ。










どうか良い一年でありますように。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.31 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
『時の流れに区切りなし』
2017-12-30 Sat 21:31


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、










『時の流れに区切りなし』









今年もいよいよ、明日が大晦日となりました。



『今年のことは今年のうちに』



ということが、常識的であると子供時代から従ってまいりましたが。



この近年は、そうは思わなくなりました。



『新年を迎える』ということの。



ありがたさと偉大さは重々、承知の上。



『全ての節目』を『元旦』に揃えることが。



『吉』ということにはない。



ということです。






『昨日の続き』



は『今日』であり。



『今日の続き』



は『明日』であり。





今日現在に至るまで。



『時の流れ』に『区切り』や『節目』があったことはなく。



『時の流れ』が中断したこともなく。



『同じ長さ』で過去も現在も、流れているはずです。



それが早いか遅いかは、各々の感覚の違いです。





ですから。



私は『節目』は。



自分で決めることとしています。



何も『元旦』だけが節目ではありません。



旧暦のお正月である『立春』でも良いわけです。



または。自身のお誕生日であっても良いし。



或いは、自身で気に入った日や記念日を。



自身の『節目』として設定しても良いわけです。





特に。この2017年の私は。



近年稀に観る『初』『新』『良』が多かった一年であった為。



この『吉』の流れのままに今後も。



『行けるところまで行こう』



と決めています。



ですから。



『年越し』は意識していません。



この流れのままにまいります。







『時の流れに区切りなし』






自分の節目も自分で決めて行く。






『吉』の流れは『吉』のままに。











今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.30 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『本厄の過ごし方』
2017-12-29 Fri 22:11


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『本厄の過ごし方』









『九星占術』で。



2017年の本厄(2017年2月4日~2018年2月3日)は。



『六白金星』の方々でした。



(以下。節分迄は七赤金星)

  
1958年(昭和33年)生まれ

1967年(昭和42年)生まれ

1976年(昭和51年)生まれ

1985年(昭和60年)生まれ

1994年(平成6年)生まれ

2003年(平成15年)生まれ

2012年(平成24年)生まれ



そして。



2018年の本厄(2018年2月4日~2019年2月3日)は。



『五黄土星』の方々です。



(以下。節分迄は六白金星)


1959年(昭和34年)生まれ

1968年(昭和43年)生まれ

1977年(昭和52年)生まれ

1986年(昭和61年)生まれ

1995年(平成7年)生まれ

2004年(平成16年)生まれ

2013年(平成25年)生まれ




本厄というのは。正しくは『節分』が分かれ目ですので。



新年が明けても、すぐに切り替わるわけでありませんが。



今宵は『本厄の過ごし方』について、お話いたします。



先程の一覧は、還暦から抜粋して記しましたが。



『本厄』というのは。



本来は『9年毎』に回ってきています。



男性なら数え年の、25歳、42歳や61歳。



女性なら同じくして数え年の、19歳、33歳や37歳。



等と言われておりますが。



これらは、身体の変調を来しやすい年齢に焦点を向けているもので。



実際には『9年毎』に回ってきています。




とかく『本厄』の時には。



してはいけないことだらけの。



何一つ、やってはいけない。



新しいことを始めてはいけない。



に、とらわれてしまいがちのようですが。



これは、今宵ここで発想を変えて行きましょう。




先ずは。新しいことを始めることは。



事柄によると思います。




例えば。



自宅を新築する。



結婚する。



等。土地を買う、迎え入れる、などの縁組み全般は。



本厄は外した方が良いでしょう。




その替わりに。



今後の計画を、あれこれ考えて、熟成させたり。



自身を磨くこととして。



この先を見据えて。それに附随する、学習や習い事をすることは。



おおいに結構だと思います。




要するに。





『今後の構想を温める時期』





として。過ごす時期としたならば。



充実した年となるのです。





『本厄の過ごし方』





それは。






『今後の構想を温める時期』












今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.29 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『神様の好物』
2017-12-28 Thu 21:53


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『神様の好物』









『向上心』は。



言うまでもなく『神様の好物』です。



なぜなら『向上心』は。



『自発的な目覚め』として、湧き出てくるもの であり。



それが『己に克つ』ことに通ずるからです。





もしも神様から視て。



『開運させてあげたい』



と、見初められたとしても。



その人に『向上心』が無ければ。



『神様の片想い』になってしまいます。





たとえ『自発的な目覚め』が。



微かなほどに健気なものであったとしても。



いずれ『向上心』として芽を出して歩み出す時が来るとして。



決して神様は見放したりはしません。





『向上心』が『神様の好物』である理由。





それは各々に。





『自発的な目覚め』により。





『本気の開運力』を身に付けてほしいから。











今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.28 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『どのように言わせるのか』
2017-12-27 Wed 21:53


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は。









『どのように言わせるのか』









昨夜の続きです。




お人相も。お手相も。



鑑定される方々に。



『何を言われるのか』



『何を言ってもらいたいのか』



ではありません。





大切なことは。



『どのように言わせるのか』



です。





『言われる』



『言ってもらう』



ではないのです。





『言わせる』



のです。





つまりは。



たとえ、鑑定される方々から視て。



芳しくない運勢であったとしても。



いかに、



『兆し的な希望』



『承認的評価』



を言わせるのか、です。





つまりは。



『受け身』ではダメだということです。



視てもらって、言われてみたい、言ってもらいたい。



ではなく。



『本気で開運』するには。



いかに『自発的』な何かが。



相手にも周囲にも神様にも。



それがどれだけ通じているか、です。





『自発的』な何かが目覚めている場合。



それは、お人相とお手相に顕著に表れます。




ですから。



その『自発的』な何かが。



『兆し的な希望』



であり。




または『自発的』に乗り越えてきた何かが。



『承認的評価』



です。





お手相で。親指の付け根にある『金星丘』。



『生命線』のカーブの内側のエリアを示します。



その『金星丘』エリアにある横線は。



その方の繊細さを表すものでありますが。



特に、くっきりと深く刻まれた横線は。



『乗り越えてきた試練』を表します。






大切なことは。



鑑定される方々に。





『どのように言わせるのか』





です。





あなた様の『お手相』は、何を喋り。





あなた様の『お人相』は、何を微笑みますか?










今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.27 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『分け目を変える』
2017-12-26 Tue 22:20


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『分け目を変える』









運気を変えたい。



現状を打破したい。



本気で開運したい。



そう、沸々と思う時が正にその時です。




今夜は、今すぐ始められる開運法をご案内します。





≪髪の分け目を変える≫



人の顔は。右半分と左半分と違うものです。



『目』の大きさや特徴も。左右で違いますから。



分け目から覗く眼差しも。



分け目を反対にするだけで。



人相までもが変わるものです。





また。『顔の輪郭』も左右同じではないですから。



分け目を反対にするだけで。



小顔に見えたり、笑顔の印象が変わります。





また『額』の見せ方でも。



大きく印象を変えることができます。



額の際も、入り江が浅かったり深かったりで。



お顔の長さも変わります。





また『分け目』を『真ん中』にした場合。



『観音扉』を開けたかの如く。



『自身の開放』を意味します。



中心を割る、というのは。



思いきった決断の表れでもあります。





『ヘアスタイル』の印象は。



見る側の感覚も変えることができるマジックです。




ためらわずに気軽にトライしてみてください。




『知らなかった自分』に出逢える、お手軽な方法です。






『分け目を変える』





それは。





『運気も変わる』










今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.26 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『解釈の選択』は自由。
2017-12-25 Mon 22:24


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は。









『解釈の選択』は自由。









昨夜の続きです。



お手相や、他の占い全般に言えることですが。



鑑定結果の解釈は。



自由に受け取って良いのです。





例えば。



『晩婚型で結婚は遅い』



と、鑑定されたとします。




であるなら。



結婚までキャリアを積むことができる。



と捉えれば良いのです。




『結婚は縁遠い』



と鑑定されたならば。



結婚できないとは言われてないのだから望みはある。



縁遠い、という予告はありがたいから、更に自分を磨こう。



と捉えれば良いのです。





ですから。健康面についても同じです。



『胃腸が弱い』



『婦人系が弱い』



と鑑定されたならば。



不調に陥る前に、あるいは不調を改善するにあたり、ありがたい予告をいただけた。



と、捉えれば。



不調にならぬよう、何に気を付けたらいいのか。



改善にはどんなことが必要なのか。



と、回避に向かう道を歩めるようになります。





『家族との縁が薄い』



と鑑定されたならば。



『それは当然である』



と捉えれば良いのです。




何故なら。



人は皆全員漏れることなく。



『一人で生まれて』



『一人で旅立つ』



からです。



人類は皆。元々は『ひとり単体』であり。



『皆。元々が家族との縁は無い』



のです。



何も悲観することはありません。







『解釈の選択』は自由。






『開運に結び付く』ことであるなら。




図々しすぎても。



無理矢理すぎても。



『開運力を開眼させる』には。



『解釈の選択』は。



『1000%プラス転換』で、『OK』なのです。



このプラス転換は。



誰一人も不幸にすることはありません。







『解釈の選択』は自由。






どうかあなた様も。






最強の『開運力の開眼』を実行してください。












今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.25 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
そこを『逆手に取る』。
2017-12-24 Sun 23:19


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









そこを『逆手に取る』。









昨夜の続きです。



私のお手相は。



左右があまりに違いすぎるというお話。



『生まれもった運勢』を表す、左手のお手相は。



お手相の書籍に例として出てくるオーソドックスなタイプで。




しかし、『生き行く自分』を表す、右のお手相は。



例として掲載されているものには類を見ない。



一筋縄では解析ままならない複雑さであると。





この私の『左右両手からのメッセージ』は。



『生まれもった運勢』よりも。



『生き行く自分』は、複雑で遠回りであるのかと。



そうそのまま受け取らざるを得ないかもしれませんが。





『解釈の選択』は自由です。





確かに。自身の運の流れを。



私は、幼いながらに悟っていました。




そしてたまたま。鑑定される方々に出逢う環境にあり。



言われ放題のお手相だったかもしれませんが。



自身で、自身のお手相の解析を探究するうちに。



私は、『開運力を開眼しよう』という想いに辿り着いたのです。




左右のお手相が著しく異なる場合。



『イメージ通りの真っ直ぐには進めない』



ことを意味します。



何かと回り道や経由地が発生するのですが。



その分だけ。『経験値』を積むことができるのだと。





そこを『逆手に取る』こととし。



自身で切り拓いてゆくのだと。







『解釈の選択』は自由なのです。











今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.24 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『自分が自分を超える時』
2017-12-23 Sat 23:06


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『自分が自分を超える時』









昨夜の続きです。



私は、左と右のお手相が。



全く別物の構成です。




左手は。この世に生まれてくるにあたり、ご先祖様より授かった地図。



要するに『生まれもった運勢』を表し。




右手は。自身が生きながらに現在から先予測が描かれる地図。



要するに『生きている自分』を表すと解釈しています。




主要の3線である、生命線、頭脳線、感情線。



私の左手のお手相は、わりとオーソドックスで。



お手相の書籍にも、例としてもよく出てくるタイプです。




しかし右のお手相は、視るからに一筋縄では解析ままならない複雑さで。



鑑定される方が、ダメ出しせざる得ない理由は、自分なりにも理解できるものでした。





ところが、本気で開運するのだと歩みだしてから随分と年月が経ったこの近年。



自身でも。左右両方とも『開運できた証明』は明かで。



鑑定される方々からも、大昔にダメ出しされた、あの希望が持てなくなる解析結果を。



耳にすることはなくなりました。




主要3線の配置は基本、変わることはありませんが。



各線の質、色、長さが良質なものに成長したこと。



そして、運命線、太陽線、財運線、等の線がしっかりと現れ。



つまりは、身体で言えば。



付くべき筋肉が強力になり。



血行が良くなり。



血液もきれいになった。



ということでしょうか。





『お手相に負けず』



『お手相をあきらめず』



『お手相を育てて』



『未来を予約する』




こうして。



『本気の開運』を実現するのだと。



『信じぬく気持ち』が功を奏したのだと思います。








『自分が自分を超える時』







自分が『お手相の運勢』を超える時。













今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.23 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『お手相の美容整形』
2017-12-22 Fri 22:29


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『お手相の美容整形』









昨夜の続きです。



お手相というものは。



『潜在的な意識』も映し出されます。



普段の暮らしの中で特に意識していないことでも。



潜在的に潜んでいる過去のトラウマ等。



特に『感情線』から上の指の付け根のエリアに。



細かく薄い線が、縦横斜めに多数ある場合が、それを示します。



しかし、私の場合はそれを悲観的には捉えません。




『繊細であることの強み』




として。



『人様により添えうる財源』と扱い。



『開運カウント①』



と数えてリストアップし。



弱点であると思われることも。



決してマイナスには扱いません。




『手のひら』もある意味、生き物であり。



『意識されること』で、変化し育ちます。



芸能人の方が人目に晒されることで、どんどん綺麗になられるように。



『手のひらも観られている』



ことが大切なようです。




『開運カウント①』の。



『感情線』より上のエリアに、細かい多数の線がある場合。



各指の下に。『長く濃い線』が先ずは『1本ずつ』。



真っ直ぐに伸びるイメージを、脳内で描いていてください。



そして。



多数の細かい線は、クリアになるイメージを描いていてください。




こうして脳内の意識付けで。



『お手相を美容整形』



してみてください。




確かに、手のひらを爪先やペンで描くことも有効ですが。




『脳内で描く習慣』を心掛けてみて下さい。




手のひらには。



脳内で描いていることが、そのまま映し出されます。






脳内の意識付けで『お手相を美容整形』。







今夜もここに『感受性革命』。












今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2017.12.22 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
| ≪藤色聚楽≫ 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT