FC2ブログ

『生前成仏』で『感受性革命』し『福徳創造体質』に!!

『きっと何かが変わるだろう』
2018-05-31 Thu 20:42


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『きっと何かが変わるだろう』









例えば。



朝。もう1時間、早起きしてみる。



そして、夜。もう1時間、早く寝てみる。



『早寝早起き』を習慣付けて。



それをずっと続けて行ったのなら。



一日の時間の使い方も変わるだろう。






もしも。



整理整頓が苦手で。



お掃除も得意ではないとして。



それらを克服して美化に努めたのならば。


もの探しや失くしものに時間を奪われることなく。



頭の中も『整理整頓』されて。



様々な面で『ロスする時間』は無くなるだろう。







もしも。



『ご縁の意味』を考えたり。



沸き上がってくる感情が何なのかを考えたり。



戸惑いを感じるご縁を持っているなら。



『一旦お休み』しても構わないだろう。



『ご縁は大切に』と言われるけれど。



『ご縁』にも様々な種類がある。



『人生の時間を使うこと』は。



生きる上で『深刻な出費』であるから。



限りある人生の時間の中。



工夫することは大切だ。







『きっと何かが変わるだろう』






全ては『人生の時間』に波及してくる。






『時間』は『命』と同じだ。






『今』を変えて行くことは。






行くこの先々の未知の果てに。






『きっと何かが変わるだろう』

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.31 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『景色』が違う。
2018-05-30 Wed 20:59


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『景色』が違う。









樹木は。



『年輪』を刻みながら。



上へ上へと『天』を目指す。






その様にして。



延々と、上へ上へと伸び続けて行く。



『先端部』を『自身』と例えて。






その後に生まれてきた。



下の部分の『枝葉』とは。



どうしても。






『景色』が違う。






『同じ場所』から見渡していても。



『高さ』が違うから。






『景色』が違う。






そこで。



『場所』を『時代』に置き換えてみる。



『先端部』を『同世代』に置き換えてみる。



『下の枝葉』を『後世代』に置き換えてみる。






要するに。



見えているものが『違う』ことは当然で。



そして。



その高低差は、永久に縮まることがない。






どれだけ時間が経っても。



どれだけ樹木が成長しても。





『先端部』の『自身』と。



『下の枝葉』の『後世代』と。






見えている景色は。



『同じ』になることがない。






『景色』が違う。






だから当然。






各々の高さで。






『視点』も『気づき』違う。

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.30 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『プロセス』
2018-05-29 Tue 22:03


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『プロセス』









『水』は。



『流れる方向』が決まっている。



だから。



流れ着いた『その場所』は。



予め。



いずれはそこへ流れ着くことが。



『決まっていた』ということだ。






流れ着いた『その場所』を。



どの様に『見極める』のかは。



それまでの『プロセス』と。



流れ着いた時点での『自分自身』が決めること。






『水』が流れ着いた場所がどこであろうが。



『流れ着くまでのプロセス』



が『重要な学習期間』だ。






『水』が何と『交ざり』。



何を『含みながら』進み行くのかも。



重要な『経験』だ。






『水』は。



また『次の場所』へ流れて行く。



また、その間に過ごし行く『プロセス』で。



流れ行く『次の場所』も決まる。






いつだって『プロセス』が大切。






だから、毎日が『真剣勝負』。

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.29 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『落日』
2018-05-28 Mon 22:53


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『落日』









『燃え尽きる時』は一瞬だ。



チカチカと燃えていた線香花火は。



音を立てたまま突然、雫となってボトッと落ちる。



『終わること』を恐れていないその姿は、美しい。






『大きなこと』を乗り越えるための準備など。



してはいけない。



そのために設けた防波堤など。



津波は易々と越えてくるから。






時に『まさか』は本当にやってくる。



おそらく『備え』など、役に立たない。



備えていなかったからこそ。



『やれる』のだと。






『幕開け』だって、突然だ。



『予告宣伝』したところで。



想定内外とあれこれ比べられたり。



『サプライズ』にならなかったら。



やって来る『出来事自身』がシラけてしまう。






『落日』も『幕開け』ときっと同じだ。






『始まること』を欲しがっていないその姿は、美しい。




















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.28 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
『次代』の先に。
2018-05-27 Sun 21:49


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『次代』の先に。









昨夜の続きです。






いつ何時も。



『未来』をどの様にして行きたいのかは。



『現在』にかかっています。






『ご先祖様』の最先端は私たち『自身』だと思っています。



たとえ既に『次代』のお子様がいらしたとしても。



その『次代』がどのようになるかは。



『現在の自身』にかかっています。



ですから。



時間の流れが『前』にしか行かないこの世は。



『最先端の心持ち』が肝心なのです。






『仏』の世界でも。



因縁を断ち切る、ということは。



簡単なことではないそうです。



が、しかし。



『思考』や『志向』。



を、変えて行くことは可能です。






それらが。



『感受性』を養い。



『実践力』を培い。






いずれは。



『人生』を変えて行くこと。



に通じ。






行く行くは。



『運命』を変えて行き。



『運命学』を乗り越え。



後に。



その『生き抜いた姿』が。



『次代』の『思想』に、繋がるはずです。






『連鎖』の果てにあるものを。



『取り除く作業』を今、実践する。



そのように解釈いただけたらと思います。



要するに。



『連鎖』の『呪縛』を解くのです。






『今』はわからなくても。



『後にわかること』ということがあります。






それは『改新のタイムラグ』と申しましょうか。



何故にあの方はあんなにも直向きだったのか。



何を伝えたいとしていたのか。



後に。わかってくる『成就の時』が来たとしたなら。



たとえ自身がこの世を卒業した後だとしても。



やらないよりは、良かった。



やっておいて、良かった。



そこに至ると思います。






何にしても。



せっかくの『今世』を。



如何にして『生き切るか』です。






『生前成仏』






というものは。






『次代』のことを鑑みても。






心掛けておいて『損はない』のです。

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.27 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『意識体』の『先導力』。
2018-05-26 Sat 21:40


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『意識体』の先導力。









昨夜の続きです。






『運命学』というものを。



生かすも殺すも。



やはりこれも『自分次第』です。






ご生年月日やお名前などを総合して。



いくら良い解析結果にあったとしても。



『何もしなくたってそのようになる』



ということではありません。



自身の『意識体』が。



『自身の人生』を。



『創ること』に。



『目覚めているのかどうか』。



です。






たとえ。



解析結果が芳しくないものであっても。



『どうせダメっぽいから......』



と『諦め』に思考が向いてしまえば。



『どうせダメだから』



という『ただそれだけのこと』になってしまいます。






そうではないのです。



『運命学』の解析の通りには。



良くも悪くも。



『そうは行かない、行かせない』



という。






『自分次第である』






という強い『先導力』を。



心のどこかに持っていてほしい、と思っています。






『意識体』というものは。



時に『思わぬ力』を発揮することがあります。



『運命学』の解析結果をも。



『飛び越えること』は、珍しくありません。






それに。



昨夜もお話いたしました、



『運命学』では『解析しきれない』ような領域。



それは、主に。



『家系の因縁』



です。






これにつきましては。



『自身』の時点で。



『断ち切って行く』



ことが。



『開運ポイント』になるのです。






要するに。



『家系の因縁』には甘えない。



『家系の因縁』を甘やかさない。



『家系の因縁』を引き継がない。



ここが肝心なのです。






つまりは。



『恨まぬ』



『憎まず』



『感謝する』



です。






『きれいごと』



『ストイックなこと』



を、言っているのではありません。



これも私が経験したことです。






どんな謂れがあろうとも。



少なくとも。



『この命』をいただいていることだけは。



『感謝』してもいいはずです。







『自身の人生』を。



より良いものに。



楽しいものに。



関わってくださる方々をも喜ばせられるかどうかは。



『自分次第』



です。



家系にどんな謂れがあろうとも。



周囲に何を言われようとも。



『自身がどう生きるか』は。



『全くの別物の問題』であり。






『自身の人生の監督』は『自分自身』






なのです。







『意識体』の『先導力』を。






狂わせずに行けるのかどうかは。






どの『運命学』にも書いてありません。









最後は『自分次第』です。


















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.26 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『日進月歩』
2018-05-25 Fri 21:24


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『日進月歩』









昨夜の続きです。






自身が生まれ持った『星』も。



どのような『星』を持ち合わせた両親に育てられるのかで。



『化学反応』のような作用で。



『オリジナリティー』が確立されてゆく。



昨夜はここまでお話いたしました。







『運命学』というものは。



『統計学』に近く。



『傾向』や『嗜好』等。



参考になる要素は十二分にあると思っています。



いわゆる『当たった』という認識は。



おおいに得られる部分はあるとも思っています。







その比重が。



『四柱推命』であるのか。



『宿曜暦』なのか。



『姓名判断』であるのか。



あるいは全般的に『平均的に』的中しているのかは。



それは人それぞれだと思います。






がしかし。



その統計学的な分野では。



どうしても。



解析しきれなかった部分。



予測できなかった部分が。



出てきてしまうものなのです。







そこが。



昨夜、お話いたしました。



その個々の本人にしかわかり得ない。



『化学反応的』な部分にあり。



そこの解析については。



現世では『解き明かしてはならないシステム』にあるのだと。



そのように思っております。







何故なら。



その『化学反応的部分』には。



その時の。その時代だけにある。



『時代背景』の影響も大きく。



瞬間、瞬間が『一期一会』にあることが。



大きく作用を及ぼしているのだと考えています。






『化学反応』の『連鎖』






のもとに、現在の私達が在り。



個々の『化学反応』も。



まさに。



『日進月歩』



にあるのです。






各々に起きている『化学反応』というものは。



『関わる人数分』だけ。



『積算』は『無限』です。



『本人にしか』わかり得ない。



または『本人でさえ』把握しきれていない『化学反応』は。






『解き明かせない』部分があってこそ。






人間が『努力』『向上心』を養うための。






神様による『おはからい』であるのだと。
















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.25 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『オリジナリティー』
2018-05-24 Thu 21:46


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『オリジナリティー』










『二人として』。



『同じ人間はいない』ように。



神様は同じ人間を。



二人としてお創りにはなりません。







産婦人科では。



『同じ日に』生まれたお子さん達が並んでいる光景がありますが。



たとえ。



『四柱推命』で、全く同じ時間にお生まれになったとしても。



各々に『ご先祖様』『ご両親』が違い。



『命名』される『お名前』が。



多くあるご苗字のもとだとしても。



漢字も同じくした全くの同姓同名である、ということも。



確率的に、稀なことかと思います。







では。



生まれた日時も全く同じで。



漢字も全く同じの同姓同名さんがいらした、とします。



しかし、辿る人生が『酷似』する、ということはありますが。



『全く同じ人生を辿る』ということはありません。







それは『ご両親の星』が。



鍵を握っています。






要するに。



ご両親の『星の組み合わせ』から。



産み出される『化学反応』が。



『子に影響する』のです。



つまりは。



どのような『星』を持ち合わせた両親に。



育てられるか、です。






更に、クローズアッブしてみれば。



『父親』と『子』の『化学反応』



『母親』と『子』の『化学反応』



『兄弟姉妹』との『化学反応』



三世帯同居であるなら。



『祖父』と『祖母』の『化学反応』



『祖父母』と『両親』の『化学反応』



それら。



『兄弟姉妹』等との個々の『化学反応』



の全般が。






各々の『オリジナリティー』を確立させ。






自身の『DNA』が更新され。






書き替えられて行くのです。
















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.24 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『言霊』の導き。
2018-05-23 Wed 21:50


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『言霊』の導き。








昨夜の続きです。






『改名』について。



今夜はお伝えしたいと思います。






先ずは『戸籍変更』を伴う改名について。



幾つかの条件があります。






生活に支障がある程に難読であったり。



親族に同じ名前の方があったり。



ご近所に同姓同名の方がいらして、郵便物の誤配が絶えない。



等。日常的に。



『生活に支障をきたしている』



が、基本となるようです。



他に。



職種の関係、家系の事情による世襲。



等。『社会的』に必要な場合も認められています。






また。『改名したいお名前』について。



『どれくらいの期間、使用してきたのか』



『どれだけの範囲の関係者に、呼ばれているのか』



『郵便物や書類関係等。どれだけ広く使われているのか』



等も、重要視されるようです。






いずれも。



使用期間については『10年程度』。



使用範囲については、家族、同級生、友人、知人、等はもちろんのこと。



職場関係、学校関係。



それらに伴う、書類、郵便物、等。



『社会的な範囲』に渡り、どれくらい浸透しているのか、も重要な事柄です。







しかし。



『占いで改名を勧められた』



『調べたら画数が悪かった』



等は。残念ながら法的には認められません。






その場合。



免許証や通帳等。役所を通じた公的な書類、金融関係全般には。



『改名したいお名前』は使用、書き替えはできませんが。



仕事上の『お名刺』『屋号』等に。



『通称名』として使用することは可能です。



たとえ『戸籍変更』が認められない状況下でも。



『開運』してゆくにあたり。



一人でも多くの方に『通称名』を認識していただき。



使い続けて行く『積み重ね』。



呼ばれ続けている『積み重ね』が。






『言霊』の導き。






として。






『改名すること』が『生きてくる』のです。


















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.23 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『霊(魂)』と共に『携帯する』
2018-05-22 Tue 22:29


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『霊(魂)』と共に『携帯する』









昨夜の続きです。






一重に『運勢』と申しましても。



『お名前』以外に。






『四柱推命』『宿曜暦』等の。



『生年月日』による解析。






『九星占術』『干支』等の。



『生まれ年』による解析。






等。



『お名前』以外の『運勢』も。



総てが『総合』した上での。



『個人々々』であること。






そして。



個人々々それぞれの『家系』。



つまりは『ご先祖様』による『背景』が影響するもの。






等。主に。



①変えることの出来ない『ご生年月日』。



②代わることの出来ない『ご先祖様』。



③この『霊(魂)』と『肉体』を併せ持つこの身体に。



『後付け』で付けられた『お名前』。






という様に。



『3つの運勢』が合わさっている。



と考えています。






先週も触れましたが。



そこで。唯一『変えることができる』ものが。



『お名前』



であるのです。






『生年月日』も『ご先祖様』も。



変えること、代わることが出来ないこととは逆に。



『お名前』だけは。



改名、変更(戸籍)が可能なものです。






例えば『改名』について。



『画数が良くなかった。』



とします。



しかし、お名前の影響をさほど受けてないないのか。



『特に不自由不足を感じていない』



という場合。



たとえ『画数』が良くなくても。



『改名』はオススメいたしません。






または。



画数が大凶でも。



『私はこの名前が大変に気に入っている。』



のであれば。



『改名』の必要はありません。






『気に入っている』のであるならば。



『お名前が生きている。』



からです。






その逆で。



『画数』が完全であるにもかかわらず。



何故だか『運勢』が『芳しくない』。



『私はこのお名前に全然馴染めない。』



『このお名前にどうしても感謝できない。』



のであれば。



たとえ『画数』が宜しくても。



そのまま使い続けることはオススメできません。



それは『お名前が生かされていない』。



むしろ『改名』を考えることが自然だと思います。






自身の『運』を知ろうと向き合うならば。



自身が『どの運勢』の影響を受けているのかを。



見極めるべきです。






要するに。自身の運勢の。



『全体を見通して』



見極めることです。






ですから。



『お名前』の『運勢』を整えておくことは。



唯一、変えることができるものですから。






『良いお名前を持つこと』





は。






『縁起の良い』神社さんなどの『御守り』を。






『霊(魂)』と共に『携帯している』






に等しいことなのです。
















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.5.22 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
| ≪藤色聚楽≫ 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT