『生前成仏』で『感受性革命』し『福徳創造体質』に!!

『人として』
2018-07-18 Wed 21:48


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『人として』









『家庭』『親族』という『囲いの中』で。






発生している問題について。



それらを解決をしなければならない時。






それは。



『人として』どうなのか?



という視点で考えてみる。







ただそれだけのことです。






2017.11.4『血筋の盲信』にもお書きしましたように。






家庭内、親族間において発生した問題の解決を。



何かが難しくしている、としたら。



それは私たちの。



親だから。


兄弟だから。


姉妹だから。


子供だから。


夫だから。


妻だから。



という『家庭』『親族』のカテゴリーで『特別視』をしているからです。






その問題について。



『親だから』


『親族だから』



という、問題の論点から明らかに『ズレている擁護』や。



『親なのに』


『親族なのに』



という『血の繋がり』に裏切られた『理不尽な気持ち』が。






『解決を難しくしている根源』になっています。






本気で解決したい。



糸口を見つけたい。



と思うのならば。






『人として』どうなのか?






そのように『シンプル』に。



考える勇気が必要です。






『身内だから』という判断が。



おかしなことに発展し。



『解決の扉』が遠退いて行くのです。



そればかりか。



更なる悪化。



取り返しのつかない泥沼化。



へと突き進むこともあります。






本当に『家族』を大切に思うならば。





『人として』





『シンプル』に視て考えることがオススメです。






『家族』だからという甘さを加えて。



『生易しく』ては意味はないし。



愛情の裏返しで。



『厳しすぎ』てもそれも違う。






『人として』






ただそれだけのことです。






血縁にとらわれず。






『公平』に。






『シンプル』に。

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.18 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『真実』を積み重ねている。
2018-07-17 Tue 18:30


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『真実』を積み重ねている。









『自分に自信を持つ』ことに関して。



『そう易々と持てるものでもない』



というところが本音だろう。







『自信を持てる』ようになることは。



2018.7.10『強い自分』



にもお書きしましたように。



『強い自分』と同様に。



この先の『未来』に。



その姿があるのです。






内なる神様に対して。



自身の『眼』から『眼』を反らすことなく。



日頃暮らしてきた日々、全てが。



この先の『未来』にある『自身の姿』に。



辿り着き。



それまでの『自身のみ』が知り得る『実績』を視て。



そこで『自らを信じること』が出来るかどうか。



であるのだと。






今現在の『瞬間』は。



すぐに『過去』となります。



今、こうして文字を打ち続けていることさえ。



もう今は過去のこと。






そうして『今この瞬間』の『真実』を。



『幾つ』も『幾度』となく見送り続けて。



その積み重なった『真実』そのものが。



後にどのような『結晶』となっているのか。



『自信』を持てるものになっているかどうか。



なのです。






『真実』を積み重ねている。





自身の『眼』から自身の『眼』を反らすことなく。





ただそれだけのことです。





特別なことなど必要ないのです。





瞬間、瞬間は『全部が自分』です。





すなわち。



『どのような自分を今』



積み重ねようとしているのか、です。






それらを『自分自身』が一番よく視ています。








『真実』を積み重ねている。








という『実績』を。



















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.17 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『守備範囲』
2018-07-16 Mon 19:13


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『守備範囲』









『守備範囲』を広く構えたところで。



労力はそれだけ増えるだろう。





拡張した分だけ死角もできて。



いずれ警備の配置が必要となるだろう。






自身を『護りたい』心理の表れは。



行き過ぎた『闘争心』と。



『臆病な自分』の気持ちの裏返しでもある。






『人を信じない人』は。



『自分のこと』も『信じていない』。



『自身の眼』から『自身の眼』を反らす。






だから『私は自信がない』と。



度々口に出してしまう。






自分に自信が持てないから。



本気で自信を持とうとしないから。



自分の『護衛』ばかりに心が動く。





『人を信じない』ような人を。



誰が守護しようと思うのか。



有益な交換条件のもとにも。



それはなかなか成立しづらいだろう。






先ずは自身から『眼を反らさず』に。






『自分を信じてみる』。






そこから見つめ直してみてはどうだろう。






『未来の自分』を裏切らないために。






今。
















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.16 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『着地点』の迷走。
2018-07-15 Sun 18:30


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『着地点』の迷走。









『違う』ものは『違う』。



本当に『違う』のだから、仕方がない。






目上目下の境目なく。



それについて困惑を口にしながらも。



周囲は静かにその様子を見守る。






その『違う』ことが。



『違う』と気が付くことが出来ない人に。



気が付いてもらえるには。



『本人が自覚』する時が来るまで。



わからせようにも。



難航を極めるだろう。






『プライド』という『羽織り』は。



『間違い』が明らかでも。



『自分は間違っていない』



と修正させてしまう作用がある。






当事者としては。



相手の『経歴』や『背景』にまで。



切り込めない虚しさが憚る。







時間の経過とともに。




『プライド』が『モンスター』と化して。



『間違い』を諭した側に。



それを『撤回させる』こと。



それについての『謝罪させる』こと。



へ感情が突き進み。



立ち振る舞いが。



『責め』と『抗議』の連続に転じることもある。






そんな時。



『正解』とは何だろう。



『秩序』とは何だろう。



と胸の奥で押し問答となる。







でも求めないこととしよう。






本人が。



『気付き』をもたらす力を持ち合わせている人であることを。



願い信じるしかない。






同時に自身にも。





何らかの『気付き』を諭される時なのであろう。









『着地点』の迷走。

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.15 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『Voice』
2018-07-14 Sat 22:21


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『Voice』









『声』に感じる。



『インスピレーション』は。



多様な情報源だ。






つまりは。



『声』は『音そのもの』であり。



『人』という『楽器』から。



奏でられている『音』だ。






授かっている『魂』の波動。



元々の『身体』に備わった声帯。



その時の『肉体』の健康状態。



その時の『精神面』の状態。



成長具合の『年齢』の加減。



等が、総合されて。



『身体』という『楽器』から。



その人の『音』なる『声』が奏でられている。






『似ている声』の人は沢山いるかもしれないが。



『声』は。



その人が持っている唯一の『音』だ。






『その人の声を聴くとホッとする』



ということがあるように。



各々に『音楽』の嗜好があると同じで。



『声』から響き渡る『波動』から。



『生理的』な『本能』を突き動かされたり。



『安らぎ』や『安寧』をもたらしてくれたり。



人間の身体は。



『声』から様々な情報をキャッチしている。






『歌い手』さんの方々は。



『魂の音』を生業として。



自身の『魂』そのものに。



人生すべてを懸けていると同じだ。






『Voice』






初対面でも、重要な『情報』であり。



日常においても。



各々人の持つ『波動』と。



『共鳴』する『音』そのものであるから。






自身も。



『楽器』という『身体』の状態に。



心身共に留意したいところである。



『魂』が発する『音』として。






『Voice』

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.14 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『月の裏側』
2018-07-13 Fri 20:13


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『月の裏側』









私は。



皆のことが大好きだ。



いつでも。



とても『居心地好い』皆のことが。



本当に大好きだ。






随分と。



『歳月』と『互いの心』を重ねてきたけれど。



色褪せることのない。



その『皆の御心』が大好きだ。






こうしてこんなにも。



『溢れ出てくるこの気持ち』



は何なんだろう。






今まで何度も触れてきましたが。



私には。



『愛を叫びたくなる』



という『持病』がある。



湧き出てくる『愛』が。



今日も止まらない。






心の中では。



快晴の空の下。



誰もいない浜辺を走っているイメージだ。






もしも海がすぐそこならば。



青臭い青春ドラマさながらに。



海に向かって。



この気持ちを何度も大声で叫ぶだろう。






この限りある時間の『現世』にて。



私の大好きな皆との『出逢い』に。



間に合うことができた。






『魂』と『魂』



として過ごし。



『人』と『人』



としての間柄はもう越えていたのだろう。






『月の裏側』






も視えるほどに。



陽の当たる部分だけでない。



裏側の様子もわかり合えてる。






今日も。



相変わらず。



皆のことが大好きだ。






『月の裏側』






も、図れるほどに。






溢れてくるこの『愛』で。






これからも皆を照らしたい。






いつも青臭くて、ごめんね。






私はこうした気持ちは。






『駆け引きなし』に。






『直球』でしか投げることができない人だから。



















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.13 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
『公開授業』
2018-07-12 Thu 18:30


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『公開授業』









『1から創る』ことは。



面倒かもしれないが『楽しい』。





『完成させる』ことは。



長い道程になるかもしれないが『意義がある』。





『完成までの過程』には。



山あり谷ありかもしれないが『値打ちがある』。






小学生の『図工』の授業は。



本当は大切な『訓練の時間』である。






『授業』とは。



それを『受ける』ことが前提の『受け身』で。



事前に『材料』が準備されていて。



『教えよう』とする指導者がいて。



『自発性』は低いかもしれない。






それが『自らの考案』としたならば。



『志向』も『視点』も『赴き』も変わる。






『1から創ること』が。



『自身の人生』を『創ること』とすれば。



『材料』も『講師』も。



そのまんまの『自前』の『自分』でいい。






誰しもが。





『人生』は『公開授業』。





誰が観ていようといなくとも。



続けていれば、それでいい。






誰のためになる?とか。



誰にどう思われる?とか。



それはつまらない『煩悩』だ。






視聴する人の数など。



気にしなくていい。



『現世』が『YouTube』そのものであるから。






『猫』たちや『花』たちは。



誰が観ていようといなくとも。



各々が置かれた場所で。



最大限、見せようとせず『魅せて』。



ただ、その生命を全うする。



私たちもそれでいい。



誰に見せようともしなくていい。



ただ『そのままの自身』で。



前へ進む。



それでいい。





だから。



それぞれ万人個々の『公開授業』は。



望まなくても。



良いか悪いかは別として。



きっとどこかで誰かの為になっている。






『公開授業』






ただ続けよう。






誰に頼まれてもいなくても。






特別なことをしようとしなくてもいい。







そのままの自身が。









『公開授業』。



















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.12 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『脳』と遊ぶ。
2018-07-11 Wed 22:15


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『脳』と遊ぶ。









『心』は。





『分け与える』は有効、だが。



『儲ける』は無効、である。






『分け与える』とは。



戴いた『愛』を。



『相手』や『周囲』に還したり。



困っている誰かに『寄り添う』ことを言う。






『儲ける』とは。



人の『心』を『搾取』し。



『自身』の『意のまま』にし。



思うままに『操縦』しようとすることを言う。






いくら『人の気持ち』を。



『自分に向ける』ことを仕向けていても。





どれだけ『貰っても』。



その『在庫』は足りない、という焦りは。



消えることがないだろう。






よく。



人は独りでは生きて行けない。



と言われる。






交遊関係などのコミュニティの広さ。



そういったことが。



人が生きて行く上で。



最も大切である、という風潮がある。





しかし。



そこに留意しておいた方がよいことが含まれる。






人間の『心』が。



『人の心』で満たされることは。





『一部分』でしかないこと。





『自身の心』を満たしてくれる『誰か』を。



探し求めても。



『満たし続けてくれる誰か』は。



居ない、に等しい。






誰とでも器用に話せて。



集団生活を楽しめる人は。



既に。





『自身』で『自身』を満たすこと。





それを理解し、それが出来ている人であり。



『誰かに』『満たしてもらおう』



等と、毛頭思っていない。






『人生を豊かにする神器』として。



『趣味』全般。



『書物』全般。



『音楽』『絵画』などの芸術。



こういった類いのものが。



人間の『心』を満たして行くものとして。



この『現世』には用意されている。






元々『水』のような性質である『人の心』は。



『水が違う』という言葉があるように。



『合う水』は意外と少ない。






『自分の脳と遊ぼう』



私は『自身の時間』を。



そのように使うこととしている。






私は、決して人付き合いは器用ではないが。



『自身の心』を『満たしてくれる誰か』



を求めることはなくなった。






だからこそ。



現在ある『コミュニティ』を。



以前より一層。



真から楽しんでいる。






『脳』と遊ぶ。






『知識』や『知徳』を養うことは。





どれだけ重ねても。





『誰の心』も搾取しない。





『誰の存在』にも依存しない。





『誰の人生』にも重荷にならない。







だから。







『脳』と遊ぼう。







もっと。

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.11 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『強い自分』
2018-07-10 Tue 21:26


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『強い自分』









『ある』



と思えば『在る』。





『ない』



と思えば『無い』。






『いる』



と思えば『居る』。





『いない』



と思えば『居ない』。






『できる』



と思えば『出来る』。





『できない』



と思えば『出来ない』。






『信じたい』



と思えば『信じられる』。





『信じたくない』



と思えば『信じることは出来ない』。






これらは全部。



『自分の心』が作っていること。






『試練』についても。



『乗り越えたい』



と思えば。



『乗り越える』為の要素を。



見出だそうとして。



『可能性』ある粒子に眼が行く。






『もう無理そうだ』



と思えば。



『出来なかった理由』を見つけようと。



『理論付け』の要因を拾う為に。



無意識に『クズ拾い』を始めている。






『自分の心』は。






やはり。






『自分次第』。






『自分の弱さ』は。



『自分』が一番知っている。






しかし。






『自分の強さ』は。






『この先』に積み上げて行くことなのだ。






『今よりも強い自分』は。






誰しもが『この先の自分』に。



その姿が在る。






さあ。



この先の未来に逢いに行こう。






今よりも。







『強い自分』






に。

















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.10 藤色聚楽

別窓 | 思想 | コメント:0
『木漏れ陽』の距離感で。
2018-07-09 Mon 23:24


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『木漏れ陽』の距離感で。









木漏れ陽は。



どうしてこんなにも。



優しいのだろう。



なぜこんなにも。



清涼なのだろう。






前髪を巻き上げて。



後ろ髪をさらいながら。



私を中洲に見立てたように。



そよ風は颯爽とすり抜けて行く。





樹々たちは降り注ぐ光と共に。



木漏れ陽となってサラサラ揺れた。





樹々の葉っぱの静脈が。



半透明に写し出されていて、ちょっと粋だ。





これから真夏に向かうとする太陽は。



急な梅雨明け宣言に。



まだ少々、はにかみ気味だ。






『控え目な夏なんてあり得ない。』



内心、そう太陽は言っているだろう。





容赦なく体当たりしてくる直射日光は。



肌にも目にも痛いから。



『木漏れ陽』の距離感は。



ちょうどいい。





突然の雷雨で。



『雨宿り』をするように。





ガチンコの日照りの時には。



こうして樹々の下で。



優しい『木漏れ陽』に護られて。



『陽宿り』をするのもいいだろう。






これは人付き合いも同じこと。



厳格な気持ちや不満事。



それらが産み出したメラニンが。



消えづらいシミにならないように。






『木漏れ陽』の距離感で。






包み込むような優しさを。






養えたなら。


















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2018.7.9 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
| ≪藤色聚楽≫ 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT