fc2ブログ

『生前成仏』で『感受性革命』!

『レッスン料』について。
2019-05-31 Fri 22:44


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『レッスン料』について。









よく。



何気ない世間話の中で。



『泥から咲く蓮のように』



と言われますが。






『蓮の花』は。



ドス黒く濁る『泥』の中から。



想像を見事に裏切るが如く。



凛として悠々と。



天を仰いで。



嫋やかに真正直に全力で咲く。






しかしそれまでに。




沈殿することのない『泥』のおぞましさや。




いつまでも『底』が見えぬ『絶望感』。




一向に『光』が届かぬ静寂の『底辺』で。






『種』の時代から。



『闇』の重さと無力さを。



身を以て知っておられます。






その存在に。



誰もが憧れるような。






『美しさ』






『強さ』






『慈悲深さ』






手が届かないほどの『耀かしさ』は。






『タダ』では手に入らないのです。






『蓮の花』の『レッスン料』は。






それぼとに『お高く』。











『値が付けられない』のです。




























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.31 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『過去』を振り返ること。
2019-05-30 Thu 21:44


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『過去』を振り返ること。









『過去』は振り返らない。






『開運』の基本は。



そこだとは思いますが。






時には。



『過去』と『現在』を比べることも。



『前へ進む』



ことの『後押し』を。



得られることがあります。






もしも今現在。



ご自身が。



『非常に辛い最中』



に在るとしたなら。






ちょっと記憶を巻き戻してみて。



『過去の辛い時期』の『痛み』



を。



辿ってみてください。






『あの時』の『痛み』



は。



『現在』の『痛み』



を。



比べてみてください。






もしも。



『過去』よりも『現在』



が『痛い』ならば。






『この様なことなど早々あることではないのだから』






その様に。



『過去』にはなかったことを確認し。



『自身の半生に感謝』をお伝えください。



そして前だけを視てください。






もしも。



『現在』よりも『過去』



が『痛い』ならば。






『あの時の痛みよりはマシだな。』






その様に。



『現在』の痛みの具合を確認し。



『現在』のご自身を労わってあげてください。






『開運』の基本は。






『過去』は振り返らない。






ではありますが。






『現在』を切り開くには。









『過去』が役立つこともあるのです。





















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また後で(^^)w゛



2019.5.30 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『単位習得』の『条件』
2019-05-29 Wed 22:35


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『単位習得』の『条件』









~昨夜の続きです~






『赦す』(許す) と。



『金運』が良くなるとか。






『赦す』(許す) と。



『ステージ』が上がるとか。






『赦す』(許す) ということについて。



このような事柄を耳にしたことはありませんか?






要するに。



どうやら。



この『地球学院』においての。



学習や課題は。



『赦す』(許す)



までが。






『単位習得』の『条件』






に。



かかっているようです。






2018.8.5『許し』の種類。


2018.9.17『許すこと』






これらにもお書きしましたように。






『許す』に至るには。



あまりにハードルが高いことがあります。






事によっては。



本当に難を窮めることですし。






そもそも。



当事者にとって。



『許す』『許さない』



の議論自体が『無力』で。



『理不尽』なことであり。






そこに。



『許す』



ということが。



『修行である』等。



到底、当てはめるに無理なこともあります。






ここでひとつ。



私が感じてきたことは。



到底、『許し』に至ることができなくても。






『区切り』



という『節目』を持った時に。






動くことはないであろうと。



そう締め括っていたことで。






『事態』は動いた。






その様なことを経験したことがあります。






『気持ちの整理』



がついた時点で。







『ロック』が解除されるように。






その授業の結果が。









知らされる仕組みにあるようです。
























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また後で(^^)w゛



2019.5.29 藤色聚楽

別窓 | 転生・ご供養 | コメント:0
『地球学院』
2019-05-28 Tue 19:46


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『地球学院』









『学習期間』



『習得期間』



『修学期間』






いわゆる。



この私達が現在過ごしている。



『地球学院』



は。







おおよそ。



この『三課程』にて。



『単位習得』



となるようです。






また。



『単位習得』は。



『一個人』に終わらないことが多く。



『その関わりし人間関係』



において組み込まれていることが。



結構あるのです。






例えば。



あなた様が。



その『授業』をとっくに終了していても。



『単位習得』を認められるまでに。



『大幅なタイムラグ』



が発生することは多いのです。






教科(分野)によって。



『得意』『不得意』



理解力にも。



『速やか』『ゆっくり』



があるように。






『人生経験』においての。



『単位習得』は。



『その関わりし人間関係』の皆様。



が。



その教科を終えない限り。



『単位習得』が認められないことがあります。






それが。






『あの時のアレ』






です。






忘れた頃に。



『難題』としていたことの『結果』を。



年月が経った『ある日突然』に。



いきなり『見せられること』を。



皆様にも経験されたことがあるのではないでしょうか?






『その関わりし生徒全員』が。



『きちんと理解できるタイミング』



にないと。






『単位習得』をさせてあげられない。






神様が『本気で教えたい授業』には。






その様な『システム』があるのです。





















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.28 藤色聚楽

別窓 | 転生・ご供養 | コメント:0
『その次』に続くこと。
2019-05-27 Mon 19:32


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『その次』に続くこと。









『その相手』に。



『心』を許しているから。



『心おきなく』付き合えるから。






『家族』だから。



『親』だから。



『友達』だから。



『恋人』だから。






あなた様は。



『その相手』を。






どのように『扱って』いますか?






『心』を許しているから。



『心おきなく』付き合えるから。






あなた様が。



その『次』に続くことは。



何ですか?






『自身の気持ち』をわかってほしいと。



『我欲』や『エゴ』で。



『大切な人』を困らせてはいませんか?






『大切にしたい』なら。



『大切にしている行動』と。



『気持ちを言葉』に表していますか?






『これくらいのことは良いであろう』と。



『社会的』に『アウトなライン』を。



超えてはいませんか?






『家族』だから。



『親』だから。



『友達』だから。



『恋人』だから。






普段は。



その都度、いちいち。



『一旦停止』の意識はしないかもしれませんが。






『その次』に続くこと。






が。



極めて重要です。






『その次』に続くこと。






を。



今一度。



確認してみてください。






『関係性』の『行く先』が。










委ねられています。






















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.27 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『昇り詰めろ』
2019-05-26 Sun 18:22


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『昇り詰めろ』









『形』を変えること。



『形』から抜け出ること。



『形』を畳むこと。



等。






いずれも。



何らかの。



『剥離』


『乖離』


『分離』


『分解』


『節目』



等が。



生じてしまう結果となることは。






『発展』を挑む以上。



『発展』を伴う以上。



そこには。



『悪意はない』こと。



が前提ですが。



『やむを得ない』



場合があります。






何にも、誰にも。



『背く』



『盾をつく』



『傷つける』



等。



その様なつもりは毛頭無くとも。






そこに居る。



そこに在る。



『その形』



を。



変えること。



抜けること。



の『大半』は。



『ノーリスク』にはなりません。






『円満○○』



という穏和なワードは。



まさに『理想』ではありますが。






周囲の全員が。



『満了一致』



になるとか。






一人でも顔を曇らせる者が出ないように。



とか。






ある種の『顔色伺い』は。



おかしなことです。






4日前にお書きしました。



2019.5.22『損得勘定』



で云うならば。






誰の『反対』も受けることなく。



『全員に好かれていたい』



と望むことは。



『得をしたいだけ』



に通ずることです。






『発展』に伴う『前進』。



『分岐点』という『門出』。



には。






ある程度の『リスク』は。



付き物です。






むしろ。



『曇り顔』のギャラリーは。






あなた様の。



『貫いてゆく姿』



『昇り詰めてゆく姿』



を。






本当は。



『一番観たい方々』でもあるのです。









前だけを視て。










昇り詰めろ!























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.26 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
そこを『視る』。
2019-05-25 Sat 17:25


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









そこを『視る』。









~昨夜の続きです~






『この世』は。



とかく。



『眼に映るもの』。



『眼に視えていること』。



『視覚から入るもの』



を重視しているようですが。






『あの世』は。



『視覚』も『聴覚』も『触覚』も。



『全てを飛び越えた世界』



です。






『この世』は。



『魂』自体が。



『肉体』という『着ぐるみ』を着用し。






『声』の『発音』で。



『言葉』を操り。






更には。



『肉体』は衣服の装飾を施し。



『言動』にて世間を人生を渡り歩み。





『眼に映るもの』



『眼に視えていること』



に拘り。



時に惑わされています。






『地球の構造』で言えば。



『地表にあるもの』が。



『地球の正体』ではないのです。





『地表』の下の。



もっと『その下』の。



『マグマ』等。



『地球』の組織の『内臓たち』。



が。



『地表』からは想像がつかない形で。



『地中』にあるのです。






『車』や『航空機』も。



身近な『電化製品』も。



『見た目』の『想像以上』に。



表面の『覆い』の中身は。



非常に複雑で精巧、精密です。






この世に存在しているものは。



『全てが』



と言えるほど。



『覆い』を被っています。






言い換えれば。



『覆い』を施しておかなければ。



『視るに耐えない中身』



なのです。






この世の『テーマ』のひとつは。






『覆い』






です。






『覆い』の『中身』を。






視て確認できなくても。






視ようとして視ることをしなくても。






そこを『視る』。










『この世』はそのような『修行の場』なのです。
























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.25 藤色聚楽

別窓 | 夢うつつ | コメント:0
『真実』という『純金』
2019-05-24 Fri 20:24


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『真実』という『純金』









『表』に視えていることは。



『本当のこと』とは言い難い。






『世間』で耳にすることは。



『真実である』とは言い難い。






『視覚』に映り込んでいるものは。



『他人も同じ』とは言い難い。






『自分が信じたいこと』が。



『真実であろうこと』だから。






各々の『信じたこと』が。



『真実』となって。



各々の『真実』が巣立って行く。






けれども。



『ひとつしかない真実』



に。






誰かによる。



想像や。



作為的に途中から付着した。



『付属品』は。



見事に『装飾の役割』を果たしてゆくが。






『ひとつしかない真実』とは。



もともと『材質そのもの』が異なる為。






いずれ。



『ひとつしかない真実』とは。



ハッキリと『分離』する。






『ひとつしかない真実』は。



『異物』を一切含まない『純金』。



であるために。






長い年月。



土の奥深くに埋もれていても。



腐ることがない。






『純金』は。



一切『異物』を含まないので。



『年月の流れ』にも。



『地上地中』に関わらない。



如何なる環境にも。



変わることがない。






だから。






『噂』の正体など。






実に馬鹿げている。






『噂』の出所など。






どうだっていいことなのだ。






『真実』という『純金』






は。






如何なる状況でも。











『永遠に』変わることはない。






















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.24 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『聴き入れる』こと。
2019-05-23 Thu 22:10


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『聴き入れる』こと。









『聴き入れる』



は。



時に。



それほどに容易くはない。






『聴き入れる』



は。



『譲る』こと。






『聴き入れる』こと。



は。



『理解する』こと。






『聴き入れる』こと。



は。



『受け入れる』こと。






『聴き入れる』こと。



は。



『諭す』こと。






『聴き入れる』こと。



は。



『開く』こと。






『聴き入れる』こと。



は。



『進む』こと。






『聴き入れる』こと。



は。



『承ける』こと。








つまり。






『聞き入れる』こと。



は。







『赦す』こと。







『許す』こと。










『聴す』こと。




























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.23 藤色聚楽

別窓 | メンタリティ | コメント:0
『損得勘定』
2019-05-22 Wed 21:56


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『損得勘定』









~昨夜の続きです~






とかく。



『自身が損をしないこと』



を。



教え込まれてきた時代が。



あったように思います。






『自身が損をしないこと』



というのは。



『長い眼』で視た。



『長期的』『将来的』なこと。






または。



『目先のこと』



『目の前にあること』



等。






『今』の事情によるもの。



『生理的欲求』によるもの。



等。






『自身が損をしないこと』



を第一にして。



『命』を『使う』ことは。






『相手』から。



『家族』から。



『周囲』から。






知らず知らずのうちに。






『時間』。



『心』。



『気力』。



『お金』。



『財』。



『運』。



等。



主に。






『眼には映りにくい類い』






のものを。






『奪い取っている可能性』






があります。






物事一般。



その時に自身が置かれている状況。



等で。






自身の事情を中心として。



『損する』か。



『得する』のか。



これらで判断し。



物事を諮る習慣は。






『自分』以外を『踏み台』として『利用する』






ことに等しく。



やがて。



友人や家族を。



『遠ざけ』て『失う』ことに。



至ります。






『自身が困る』ことを。



優先する前に。






いかにして。






『相手』に『損をさせない』か。






を考える習慣が。



後々に。






『自身』を保ち。



『相手』を保ち。



『自他共に』保つ。






その様な結果となるようです。






いかにして。






『相手』に『損をさせない』か。





『相手』に『負担をかけない』か。






『損得勘定』






には。






知らず知らずの。






その都度に。










『大きな分岐点』がある様です。


























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.5.22 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
| 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT