fc2ブログ

『生前成仏』で『感受性革命』!

『原点』の正体。
2019-11-30 Sat 18:26


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『原点』の正体。









優秀でないと思っていても。



器用でないと思っていても。



あなたの器量は。



決して小さくはない。






才能など無いと思っていても。



大成しそうにないと思っていても。



あなたの才覚は。



決して小さくはない。






特別なことをしなくても。



突飛なことをしなくても。



あなたの存在は。



決して小さくはない。






愛されていないと思っていても。



愛される資格など無いと思っていても。



あなたの価値は。



決して小さくはない。






自身の存在価値を。



小さなものにしているのは。






自身を肯定しようとしない。



自分自身です。






何事も。









原点は『小さなこと』からです。
























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.30 藤色聚楽

別窓 | 想ふ亊。 | コメント:0
『最後は自分』
2019-11-29 Fri 22:56


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『最後は自分』









『自力』で。



『立ち上がる』には。



側でサポートしていては。



『立ち上がり方』が掴めません。






『自力』で。



『歩行』するには。



杖に頼っているばかりでは。



『歩き方』が掴めません。






『自力』で。



『悩み』から『這い上がる』にも。



『最後』は。



『自分自身』の『気持ち』次第です。






2017.11.17『頂上は降りてくる』



にもお書きしましたように。






今まで頑張ってきたのに。



なかなか結果を出せずに。



苦しくて仕方がない時。






その時は。



頂上は。



『直ぐそこ』



なのです。






『心』を曇らす『霧』が邪魔して。



直ぐそこにある『頂上』が。



見えなくなっているだけです。






山登りも。



『頂上』の手前が。



『一番苦しい』のです。






何にしても。






『最後は自分』






です。






誰の『魂』も。



替わって差し上げることはできません。






苦しい時も。



決して諦めないでください。






思っているほど。



頂上は遠くありません。






もうダメかもしれないと思う時。



頂上は。









直ぐ側にまで迫っています。

























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019..11 29 藤色聚楽

別窓 | メンタリティ | コメント:0
『来た道の伝言』
2019-11-28 Thu 22:11


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『来た道の伝言』









~昨夜の続きです~





『今世』という『交差点』にて。



こうして此処に。



皆々様と出逢っています。






皆々様の。



これまでの『道程』と。



培ってきた『経験』と。



そして。



それぞれの『心の鏡』に映る『印象』と。






『今世』という『交差点』で。



こうして。



時が止まることなく休みなく。



多種多様に交差しています。






私が。



このブログを通じて。



行っていることは。



おそらく。






『これまで来た道』の『伝言』。






です。






この様に出逢って。



交わす。



照らし合わす。



鑑みる。






そして。



次へ進む。






これまで。






『来た道の伝言』






を。









今日も皆々様と此処に愉しむ。
























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.28 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
『今世』という『交差点』
2019-11-27 Wed 22:17


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『今世』という『交差点』









時間を要することなく。



すぐに打ち解けられる。



その様な組み合わせ。






互いを打ち崩してゆくに。



何らかの切っ掛けを必要とする。



その様な組み合わせ。






丁寧に積み重ねてきたはずなのに。



一瞬にして崩壊してしまった。



その様な組み合わせ。






長年解り合えてきたはずだったのに。



致命的なズレがあったことを知ることとなる。



その様な組み合わせ。






掴みきれていたつもりだったのに。



結局のところ掴みきれなかった。



その様な組み合わせ。






どれだけ歩みよりに努力を重ねても。



にっちもさっちも立ち行くことができない。



その様な組み合わせ。






長年余計な力を使うことなく。



一緒に居ることが苦にならなかった。



その様な組み合わせ。






誰もが。



互いのことを知るに。



その相手とだけの。



ストーリーがあるものです。






互いのことを。



真に理解し。



奥深さを知るまでには。



容易くないことかもしれませんが。






『今世』という『交差点』






で。



出逢うその日まで。



それまでの互いの歩みが。



その『交差点』で出会したのです。






やはり。






全ては『繋がり』。






全ては『必然』で。










全てが『學び』なのです。


























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.27 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『愛と感謝』
2019-11-26 Tue 23:05


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『愛と感謝』









今宵もご訪問くださっている皆々様。



いつも私のブログをお読みくださいまして。



本当にありがとうございます。






毎日の更新に。



こうしてお付き合いくださっていることを。



日々、感謝の気持ちでいっぱいです。






私が経験してきたこと。



志向や考えは。



少数派かもしれませんし。






共感できることが。



少ないかもしれませんが。






こうして書き続けていることに。



私の伝えたいとしている骨子が。



何らかの感触で伝わっているとしたら。



幸いです。






今宵は皆々様に。



私の中に在る。






『愛と感謝』






を。



あらためてお伝えしたいと思いました。






本日書きたいとしていることが。



『皆々様への御礼』となりました。






積み重なっている感謝の想いが。



書こうとしている他の話題の。



何よりにも勝って。



今日はこの様な形になりました。






皆々様と。



今宵もこのお時間を共有できて。



幸せです。






『一期一会』の今を。






また明晩お会いしましょう。









今宵も誠にありがとうございます。
























今夜はここまで。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.26 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
『契約的シェア』
2019-11-25 Mon 19:57


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『契約的シェア』









泉の如くに涌き出でる。



『純粋な愛情』というもの。



は。






『歩合制』



『出来高制』



は。



適用されません。






また。



『予約』も。



『賄賂』も。



『手付金』も。



受け付けられません。






これからが適用され。



受け付けられたとしたら。



何らかの。



『利害関係』



で成り立っていることとして。



気持ちのどこかで。



『心の準備』を。



しておいても良いかもしれません。






例えば。



○○を達成できたなら。



○○が前提であるなら。



あなたを『愛して』あげる。



だとか。






○○するから。



○○をがんばるから。



私を『愛して』ください。



等。






もしも。



関係性を深めてゆくに。



『○○が前提』である。



という類いのものが。



『心理』のどこかにあるならば。






それは。






『交換条件』を伴うもの。






何らかの『利害関係』も含めた。






『契約的シェア』






の範疇にあり。






『合理的』かつ『ドライ』



な。



『愛情』というよりも。



『愛着』



の部類です。






人間関係の中に。



行き過ぎた感情がもつれたこと等による。



『愛憎劇』



というものがあるようですが。






『憎しむ』までに至るのは。



何らかの。



『契約的シェア』



『交換条件』



『利害関係』



等が『前提』であることが。



崩れたから至ることなのです。






『純粋な愛情』は。



結果がどうであっても。



『感謝』が優るのものなのです。






『交換条件』



『利害関係』



等の。






『契約的シェア』






は。






『愛着』の部類であり。









『愛情』とは『筋が違う』のです。























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.25 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『正当な愛』
2019-11-24 Sun 22:39


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『正当な愛』









2019.11.19『請求書』の『領収』



にもお書きしましたように。






『奴隷体質』は。



相手の『要求』を。



自身の意思を『二の次』にして。



受け入れてしまい勝ちです。






そして。



もしも結果的に。



相手の要求に敵うことが。



出来なかった場合。






相手の『否定的ワード』に。



『過剰反応』してしまうクセがあります。






相手から『頼まれたこと』。



と。



自身がそれに『応えた結果』。



が。



たまたま『一致』出来なかった類いのことにも。






自身が。



『請求書』の内容の『理解不足』



であったと。



その様に思い込むクセがあり。



自身を責めてしまうのです。






2019.11.18『気を付けたいこと』



にもお書きしましたように。






それは。



常に。



関わりを持つ相手の。






『役に立ちたい』



『力になりたい』



『助けになりたい』






という願望が根底にあるので。



それが叶わなかったことに。



落胆していることの表れです。






しかし。



こちらが『尽さないと』。



『愛』をもらえない。



『愛して』もらえない。



等ということは。






それは。



『利害関係』と同じことです。






『何も』無くても。



無条件で。



つながって行けることが。



自然なことです。






この類いの『利害関係』に『付属』している。






相手(上)。



自分(下)。



の。



『上下関係』は。






『反転』することも。



『対等』になれることも。



ありません。






『正当な愛』は。









『尽くさなくても』与えられるのです。























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.24 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『認められたい衝動』
2019-11-23 Sat 22:04


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『認められたい衝動』









~昨夜の続きです~






『奴隷体質』による。



『無意識のうちのクセ』は。



様々あります。






その中でも。



『頼まれてもいない』のに。



涌き出てくる『使命感』のままに。



『尽くし過ぎてしまう』



『習慣』が。



抜けないのです。






これは。



『頼まれてもいない』ことまでも。



『率先』して。



『やり過ぎて』しまうので。






結果的に。



他の人の仕事を。



取り上げてしまったことになっていたり。






『認められたい衝動』






が。



『無意識』に涌き出てくる。



『使命感』として。



その様に。



心身を動かしてしまうのです。






この。



『認められたい衝動』



というのは。






『長年』に渡り。



『必要以上』に。



『身』も『心』も尽くさなければ。



『自身の存在』を。



『認証されて来なかった』



経験が。



その様にさせているのです。






要するに。



『自分自身』の。



『人権』



『存在価値』



は。






『養育する側』から視て。



賞賛されるべき。



『高い稀少価値の基に』



存在していなければ。






決して『認めることはない』という。



『強迫観念』の下に。






2019.11.20『真の愛情』があるならば。



にもお書きしましたように。






『真の愛情』の無い環境下で。



摩り込まれたものです。






ですから。






自分は。






『特別な何か』をしなければ。






『ズバ抜けた才覚』でも持たなければ。






『賞賛されることはない』



『愛されることはない』



『認められることはない』






と。









『認められたい衝動』は治まることはないのです。























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.23 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『無意識のうちのクセ』
2019-11-22 Fri 21:54


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『無意識のうちのクセ』









~昨夜の続きです~






『奴隷体質』が染み付いてしまうと。



様々な。



『思い違い』や。



『思い込み』をしてしまうクセまでも。



いつの間にか染み付いています。






例えば。



責めるべき場面になくても。



『自分を責めてしまう』クセ。



『自分の責任かもしれない』と思ってしまうクセ。



等。






『無意識のうちのクセ』が。







『上下関係』一般。



『親子』



『上司部下』等。






或いは。



『友人関係』や。



『夫婦』



『パートナー関係』等。



『対等であるはず』の関係に於いても。






たとえ自分は悪くなくても。



相手が。



『あなたが悪い。』



と言い切ってしまえば。



その様に受け取ってしまったり。






たとえ。



相手のエゴや慢心が招いた。



言いがかり的な事柄においても。



『怒らせた自分が至らなかったから。』



と。






本当の原因を直視せず。



起きてしまった『その事態』に。



気を取られ過ぎているうちに。



問題事態を。



『摩り替え』られて。



悪くもない自分が。



悪者にされてしまうのです。






『DV』の妻にも。



『毒親』の子にも。



この『奴隷体質』は共通しています。






『奴隷体質』は。









実によく『現代社会の闇』を映しています。























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.22 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
『毒砂糖』の文言。
2019-11-21 Thu 18:39


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、











『毒砂糖』の文言。










~昨夜の続きです~






これまでの人生に於いて。



後にも先にも。



過去を省みて前へ進むに大切なことは。






『家庭内』で。



『家族』が。



どのように。



『自身を扱ってきたのか』



が。



そのひとつです。






家庭外の社会にも。



『奴隷体質』になりやすい要因は。



様々な形であるかもしれませんが。






先ずは。



『親子関係』という。



『育った環境』



に於いて。



その『種』は。



植え付けられることが殆どです。






例えば。



家庭の外の世界。



学校、職場などの社会的コミュニティの中で。



自分自身に。



『奴隷的』な扱いを。



する人に出会った時。






自身が。



『奴隷体質』を養われていなければ。



即座に違和感を感じて。



『拒否反応』が起きるはずです。






それが。



『奴隷体質』に仕上げられた家庭の子供は。



家庭外の社会的コミュニティの中で。



『奴隷的扱い専門』の人に出会った時。






たとえ。



『自分の親みたいで嫌だな。』



と思っても。






その人が。



自分に向けて発行してきた『請求書』を。



いつもの通りの『習慣的』に。



条件反射でそれを『領収』してしまううちに。






『あの人は優しいから。』






等という。



『毒砂糖』の文言。



を。



お決まりのパターンで。



投げ掛けるようになります。






2017.8.29『優しい』の身勝手。



にもお書きしましたように。






無意識のうちに消耗が進んでいる。



自身の『渇いた心』には。



『優しい』



等という。



耳障りの良い言葉の数々。






『毒砂糖』の文言。






が。



最高のご褒美に感じるようになっているのです。






その相手が。



『身勝手度』が高い程。



その『毒砂糖』の甘さは。



格別なものとして。



響くようになっているのです。






そうして。



自分でも気が付くことができていない。






『歪んだ達成感』






に。









『奴隷体質』は翻弄されてゆくのです。

































今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2019.11.21 藤色聚楽

別窓 | 人間関係 | コメント:0
| 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT