fc2ブログ

『生前成仏』で『感受性革命』!

『千の藤夜』~ Next door ~
2020-01-24 Fri 23:43



『千の藤夜』~ Next door ~









『1,000』という数を。



『日』で換算しますと。





『10日間』が『100回』。



『1週間』は『142週余り』。



『100日行』で捉えれば。



『10修行』納めたことになります。






『1,000日』といいましても。



考えてみれば、3年間にも満たず。



一生涯で視てみれば。



小さなひとときかもしれません。






例えば。



一日に一本ずつ。



1,000日間。



毎日、植樹を続けたとしたら。



ちょっとした山肌の一部分を。



補えるものになるかもしれません。






2018.10.11『器』を選ぶ時。



にもお書きしましたように。






物事は。



『どのように受け取るのか』



『どのように扱うのか』



で。



それらが。



生きたものにも。



何でもないものにも。



変幻自在するものです。






私の辿ってきた道のりが。



誰かの何かのお力に。



なり得るものなのか。






『やってみなければわからない。』



『書いてみなければわからない。』



『毎日、明日があるとも限らない。』



そのように思い立ち。






お伝えしたいことを。



毎日、ひとつずつ。



出来る限り丁寧に。



綴ってまいりましたこのブログは。



本日で『1,000日目』となりました。






どこまで書くことが出来るのか。



どこまで言葉として発信できるのか。



日付内更新。



基本・毎日更新。



を条件とし。






ただただ毎日。



如何なる身体の不調と。



アクシデントがあろうとも。



休まず更新することを続け。



『1,000日』まで来れてしまうとは。



想像していませんでした。






ひとつのお題に。



何日も費やしてしまったこともあり。



まだまだお伝えしたかったことを。



幾つも沢山残しておりますが。






『1,000日』を迎えました本日を区切りとしまして。



一旦。



筆を置かせていただくことと致しました。






2017.6.13『見えないチカラ』になり得たら。



にもお書きしましたように。






私は。



何かの宗教に依存しているとか。



誰かに書かされているのではなく。



自身の経験の中から。



絞り出してきたことですので。



ただの私の独りよがりかもしれません。






しかし。



『1,000日間』。



真摯に筆を執り。



1日も欠くことなく続けられたことは。



神様のお計らいがあってのことと受け止め。



不完全ではありますが。



『1,000日行満願』としまして。



大切に納めさせていただきますこと。



どうかお赦しください。






皆々様の御心に。



何かの手掛かりとして。



私が発信してきたことが。



ひとつでも。



皆々様の心に寄り添うことが出来ていたなら。



本当に幸せに思います。






『一日一生』の精神で。



『生前成仏』をモットー。



としている私のつぶやきに。



本日までお付き合いくださいましたこと。



本当に感謝しています。






伝えたいとしていることを。



伝えきれていない。



自身の力不足を省みることと共に。






一旦。



筆を置かせていただくことで。



この場をお借りしてきました。






『一日一生』×『1,000日間』






の『重み』を。



見届けたいと思います。






毎晩。



ご訪問くださった皆々様。



そして。



私をこの場に導いてくださった方々に。



心より厚く御礼申し上げます。






たいした御礼のお言葉も見つけられず。



本当に申し訳ございません。






『皆々様の溢れるほどの幸せ』を。



そして。



『世界の平和と安寧』を。



今後も祈り続けてまいります。






皆々様が集ってくださった。



この藤棚の下の。





『千の藤夜』





の日々を。



私は忘れません。






あらためましてここに。



感謝申し上げます。






1,000日間もの間。



本当にありがとうございました。








これより。



藤色聚楽は。



次の峰へ出発いたします。



~『Next door』~






自身が『神様』を意識していれば。



自身を『神様』が意識します。









『現世』『幽世』『夢うつつ』
~『生前成仏』で『 感受性革命』~


またいつか。
今世のどこかの。
藤棚の下で(^^)w゛



2020.1.24 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:2
あなた様だけの『大安』
2020-01-23 Thu 22:38


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









あなた様だけの『大安』









『六曜』または『六輝』と言われる。



「大安」


「赤口」


「先勝」


「友引」


「先負」


「仏滅」



これらのお日柄について。



各々の意味は。



皆々様もご存知のことと思いますが。






『事始め』や『慶事』。



『事納め』や『御葬儀』。



等の。



冠婚葬祭を含む節目。



等。






これらを。



お日柄に則って。



執り行ってきた歴史は。



言い伝えなどにも明らかですが。






これらに。



囚われたままでは。



意味を成さないこともあります。






例えば。



神社仏閣等での『ご祈祷』は。



お日柄に因って。



効力に違いはありません。






どのお日柄に受けていただいても。



同じことです。






『お日柄』の良い日に。



ご祈祷は受けるものだ。



と考えているのは。



『お日柄』に囚われている。



それぞれの『お心持ち』に過ぎません。






『ご祈祷』は。



それぞれのご予定に合わせて。



『この日』。



と相成った日が。



その方の『大安の日』です。






『思い立ったが吉日』



という諺があるように。






『今日だ』



と思い立ったその日が。



『大安』となるのです。






『ご祈祷』のことに関わらず。



それぞれ皆々様の。



『閃き』



も。



大切になさってください。






『思い立ったが吉日』に。






『善は急げ』と促している。






あなた様だけの『大安』






の日を。






『感受性革命』のひとつとして。






歓んで楽しんで。









『開運力の祝福』を受けてください。























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.23 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『ステンドグラス』
2020-01-22 Wed 22:36


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『ステンドグラス』









『ご縁』というものは。



『ステンドグラス』



のようなもので。






人伝に繋がった『線』が。



『絵柄』を描いて。






時と共に。



朽ちてゆく『伝え役』の部分が。



空間になって。






そこに。



繋がったもの同士の『ハーモニー』が。



『色彩』を帯びて。






各々オリジナルの。



『ステンドグラス』



が。



仕上がってゆく。






どの『伝え役』も。



一人でも抜けていたら。



その『ステンドグラス』には。



至らない。






しかし。



その『伝え役』が欠けることなく。



空間がないままに。



埋め尽くされていたら。






それは。



『ステンドグラス』



になり得ず。



一面線だらけのものに。



なってしまう。






『デザイン枠』に。



残る『ご縁』は。



決まっている。






『伝え役』の『ご縁』も。



決まっている。






自分も。



誰かの『伝え役』。





自分も。



誰かの『デザイン枠』。






『ステンドグラス』






は。



実に巧く出来ている。






自分を含めて。



誰もが。



『ステンドグラス』



の。



どちらかの役を。



必ず担っている。






だから。



これまでに出逢ってきた。



全ての出逢いに。



無条件で感謝を捧げることは。



自然なことなのですね。






日々。



『生きること』を。



丁寧に。



仕上げてゆく。



それだけで。






自ずと。






『今世・最高の手土産』






を。








仕上げることができるのです。








私のこれまでの全てのご縁を。



ここに感謝申し上げます。
























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.22 藤色聚楽

別窓 | 想ふ亊。 | コメント:0
『全てが揃う』ということ。
2020-01-21 Tue 21:41


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『全てが揃う』ということ。









他人の『難』は。



良くも悪くも。



明日は我が身。






誰かの『難』が。



自分の『難』であっても。



何ら不思議でない。






自身が身体の『障害』を持つことも。



誰もが『0』(ゼロ) ではない。






身体の全てが揃って。



自由に何でも出来るからこそ。






悪いこともする。






知らず知らずのうちに。



自由が利きすぎる。



思いのままに動ける身体は。






驕る気持ちに気が付く事なく。



悪いと思わず。



悪いことをしてしまう。






五体満足であるからこそ。



結果的に。



悪に至ることをする。






戦争を起こすことも。



毒ガスを撒くことも。



人を殺めることも。






五体満足な人が。



そのような考えで。



悪に至らしてしまう。






『全てが揃う』ということ。






それは。



『善悪の分かれ目』が。



不明確なものへと擦り替わり。






五体満足であるからこそ。






いつからか自分自身が。







『全て』を揃えた『武器』となり得る時。









今夜も『世界平和』をここにお祈り申し上げます。


























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.21 藤色聚楽

別窓 | 世界平和 | コメント:0
『過干渉』の誤り。
2020-01-20 Mon 22:50


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『過干渉』の誤り。









2019.12.17『追及しすぎないこと』



にもお書きしましたように。






特定の相手に対して。



『意見』すること。



『口出し』すること。



等。



慎まない風潮を。



危惧しています。






相手の心に。



『寄り添う』こと。



『気に掛ける』こと。






これらを。



『干渉すること』



と混同している方。



が。



少なくありません。






また。



その様な言動の裏には。



特定の相手の背景を。



『自己本位な解釈』のままに。






『心配だから』



という口実で。






始終。



相手の行動を干渉しては。



『口出し』や。



『むやみな忠告』を。



止めようとしません。






これらの方々は。



自身が『正しい』と信じて疑いませんし。



『善良なことをしているだけ』



という自負に満ち溢れ。






自己の中に確立している。



『絶対的な正義感』



の元に。



それらを改める気持ちなど。



毛頭ありません。






また。



『自分はその様な誤りは絶対にしないから。』



と。



後にも先にも。



『自分は無条件で潔白である』。



という前提で。






特定の相手の『誤り』を拾うために。



『干渉して』



『意見すること』



を止めません。






これらは。



親子関係など。



年齢差が大きかったりするような。



誰が見てもわかる上下関係に於いて。






または。



対人関係の中で。



『支配欲の強い者』



『奴隷体質の強い者』



の組み合わせの間で。



起きやすいことです。






この『過干渉』の傾向に在る方は。






他者の『自己』についての扱いが。



過度に『邪険』であったり。



過度に『粗末』であったり。



『もっと自分のことをわかってほしかった』



という。



過度に『満たされなかった心』を。



埋めようとしている可能性があります。






ぽっかりと空いたままにある。



『心の穴』を埋める為に。



何かに『依存』していることのひとつですが。






特定の相手に。



『過度に干渉』して。



『過度に口出し』すること。



で。



『過去の自分』



を満たしているのです。






『その相手の背景等は充分に理解している。』



としたら。



それは。



『過去の自分の心理状態』に縛られていて。



相手の心理に近づけるような。



想像力が未熟なままにあり。






自身の言動そのものが。



『無責任な状態』にあることを。



気が付けていない。






『過干渉』の誤り。






は。









『長い夜』のように闇が深いのです。
























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.20 藤色聚楽

別窓 | メンタリティ | コメント:0
『幸福列』
2020-01-19 Sun 19:01


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『幸福列』









2019.12.13『幸せの順番待ち』



にもお書きしましたように。



今宵は。



天の目線にて表現することといたします。








『幸福』になりたいならば。



先ずは急がず。



とにかく並べよ。






前方の人数を。



数えるなどせず。



ただひたすらに。



黙って並べよ。






あれやこれやとオーダーせず。



ただひたすらに。



静かに並べよ。






並んでいる間に。



やるべきことは。



いくらだってあるからな。






並んでいる間の待ち時間も。



神が上からあなたを視ておるぞよ。






とにかく。



行儀よく。



礼儀正しく。



並ぶべし。






我先にと。



隙あらば抜かそうとしても。



神は上から視ておるぞよ。






我こそは。



と勇み足を踏み出しても。



並んだ列は縮まることはないぞよ。






『幸福』は。



椅子取りゲームではないからな。






『幸福』は。



ババ抜き遊びでもないからな。






『幸福』は。



それぞれの『心の鏡』に。



『そのままのもの』を映し与えられるからな。






だから。



並んでいる間に。



『心の鏡』の曇りを。



よく磨いておくことに勤しむのであるぞよ。






『幸福』は。






追えば追うほど。



遠くなる。






掴み獲ろうとすればするほど。



形は歪になる。






多く獲ろうとすればするほど。



取り入れる器は小さくなる。






誰にも渡さずと。



独り占めしようとすればするほど。



逃げ水の如く幻となる。






『幸福』も。



梅や桜が咲くように。



それぞれの。



『タイミング』に合わせて。



花開く。






難しく考えることは何もない。



ただひたすらに。



自身の『腹』と向き合いながら。



春を待つ桜のように。



心落ち着かせて。






『幸福』に。



『選ばれる』ような自分を。



準備せよ。






桜が咲かなかった年などは。









今までただの一度もなかったのだから。


































今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.19 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『プラスへこじつけるチカラ』
2020-01-18 Sat 22:55


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『プラスへこじつけるチカラ』









『幸せ』



『成功』



を修める方の共通点は。






『プラスに転化させるチカラ』






が断然です。






『こじつけ』でも。



『無理矢理』にでも。



『言い掛かり』に近くても。






『プラスに転化させるチカラ』






にて。



『不運』を『無敵』



のものにしてしま得る。






『プラス転化の天才』






です。






実際に。



申し分なく。



不足なく整った条件下に於いても。






『不満』を見つけて。



『不安』を煽り。



『悲観』する。






その様なクセを持つ自分から。



本心を以て脱却できないならば。






本当に。



『幸せな未来』



『幸せな死に方』



はできません。






たとえ病に倒れても。



プラス転化をはかることに勤しむのと。



悲観を続けて枯れ行くのと。






旅立った後の。



見届けた周囲の方々の心証も。



違うはずです。






どんな状況下に於いても。



『不運』から。



プラスに転化してゆくことと。






不満を見つけては。



不安に溺れた悲観的な心で。



せっかくの『幸運』を。



『不運』へ引きずり下ろすのか。






それぞれの心持ちで決まることです。






『幸運』を欲しがるのでなく。






『幸運』に気に掛けてもらえるように。






『幸運』に験担ぎするように。






『プラスへこじつけるチカラ』






で。









『幸運』へ作り替えて行くのです。























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.18 藤色聚楽

別窓 | 開運扉 | コメント:0
『生まれたい日』
2020-01-17 Fri 22:59


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『生まれたい日』









梅の花が。



桜の花が。



何に急かされるわけでなく。






空気で感じ。



季節を読み取り。



絶妙のタイミングを計って。






『今』。



と意を決し。



誰にも止めることの出来ない。



チカラを以て。



蕾を開くように。






『今この時』。



と。






スイッチが入ったように。



『今、生まれよう』



と。



『この世』



へ。



生まれ咲くことは。




人も花も同じことです。






『出産予定日』は。



あくまでも。



医学上のことであり。






様々な事情。



条件により。



『子供自身』が。



独自の判断で。






『生まれたい日』






を決めています。






正しくは。



お腹の子の『魂自身』が。



それを決めています。






その様にして。



同時に。



『今世の課題』



を。



『受け入れて遂行する覚悟』



も決めています。






ですから。



『生まれたい日』



を。



お腹の子の『魂自身』に。



お任せすることが。



非常に望ましいことなのです。






様々な事情で。



『帝王切開』



での出産となるケースがありますが。






その際に。



予め。



その手術の日時を。



母と子の。



『相性の良い星回り』を選んで。



日にちを設定予約したい。



とする方がありますが。






それは。



良いことなのかも知れませんが。



何とも申し上げられないところです。






その様に。



出産日を決めていても。



それより早く生まれてくること。



その日に産めなかったこと。



が。



結構あるのです。






やはり。



『今世の課題』



を。



『受け入れて遂行する覚悟』



が。



『調った時』



に。






『生まれよう』






と。



決めるようです。






『生まれたい日』






は。






人間界が操っているとしている医学でも。









手には負えないことなのです。






















今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.17 藤色聚楽

別窓 | 夢うつつ | コメント:0
『家族』の意味。
2020-01-16 Thu 23:08


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『家族』の意味。









『親』との会話。



コミュニケーション等の。



『何が』



『そんなにも』



重要であるのかは。






『御先祖様供養』






に通ずる。



『重要な情報源』



である。



『宝庫』



だからです。






それは。



親たちが歳を老いる程。



私達が若すぎた時代には。



話せなかったことをも。



伝えておこうという気持ちに。



なるようです。






他愛もない出来事や。



日常のエピソード等にも。



ご供養に通ずるヒントが。



溢れていて。






決してそれらが。



無駄話として流せないことに。



後々気がついて行くはずです。






ご立派なお話だけが。



役に立つことではありません。






未熟のままにあったであろう出来事にこそ。



私たちの今後の生き方に。



活かされていることもあります。






親たちからしか聞き出すことのできない。



祖父母、その代以上の。



御先祖のお話は。



親たちからの情報以外に。



知りようがないのです。






たとえ不仲にある。



親子関係であったとしても。



ひと滴でもいい。






今は遠い。



御先祖様方々の。



ささやかな情報に。






自身につながった。



『命の奇跡』



を。






『家族』の意味。






として。



受け取り。



感じて。






次代につながる。






『御供養の意味』






を。








伝授しつなげてゆきたいものです。





























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.16 藤色聚楽

別窓 | 夢うつつ | コメント:0
『言葉の無力さ』を感じる時。
2020-01-15 Wed 18:45


こんばんは。



藤色聚楽です(^^)



今夜のお題は、









『言葉の無力さ』を感じる時。










『言葉の無力さ』を感じる時。






それは。



相手が。



訴えたいとしている。



言わんとする感情を。



『代弁して差し上げる言葉』



が。



見つからない時。






『言葉の無力さ』を感じる時。






それは。



相手が。



深く重い悲しみの最中にある時。



その心中、胸中に。



『そのままに寄り添える言葉』



が。



見つからない時。







『言葉の無力さ』を感じる時。






それは。



相手にとって。



決して良くないと危惧してしまう様な。



思わしくない事態を目の当たりにして。



『気が付かせて差し上げられる言葉』



に。



至ることができなかった時。






『言葉の無力さ』を感じる時。






それは。



相手に。



伝えて差し上げたい。



自身の胸中奥深くにある。



『深海の底にあるままの想いの言葉』



が。






上手く届けられなかった時。






心底。






常々。










『言葉の無力さ』を感じています。



























今夜はここまで。


本日もお読みくださり、ありがとうございます。


藤棚の下で。
また明日(^^)w゛



2020.1.15 藤色聚楽

別窓 | モノローグ | コメント:0
| 現世(うつしよ) 幽世(かくりよ) 夢うつつ  ~『生前成仏』で『感受性革命』~ | NEXT